けん玉メーカー山形工房

以前にも投稿をしましたが、日本のけん玉(kendama)が徐々に世界的にも大人気になっています。

そんな中、SNSなどで日本や世界中のけん玉(kendama)ユーザーが多く使用している競技用けん玉を作っているのが山形県長井市寺泉にある1973年に設立された有限会社山形工房(Yamagata Koubou)さんです。

こちらは山形工房(Yamagata Koubou)さんの英語(English)サイトです。

実際に山形工房(Yamagata Koubou)さんの最近の売上高はわかりませんが、海外の競技用けん玉やっているユーザーを見ると、山形工房(Yamagata Koubou)さんのけん玉(kendama)を使用している方が多い。

その中でも人気なのが競技用けん玉(kendama)大空シリーズ。

しかもAmazon(アマゾン)などのけん玉(kendama)売れ筋ランキングと違い、実際に海外の競技用けん玉(kendama)をしている方が使用しているよく見るカラーはこちらです。

日本でも一般的なカラーの赤(red)を使用している方は多い。

次によく見るのがカラーを施していない、自然の色natureモデル。

そしてブラック(black)。

あまり見ないのですが、ブルー(blue)を使用されている人も稀にいます。

そして海外の競技用けん玉(kendama)をしている方でも、公益社団法人日本けん玉協会の認定マークが付いたけん玉(kendama)がステータスのようです。

山形工房(Yamagata Koubou)さんの競技用けん玉(kendama)は、お店にもよりますが、1600円位から購入することができます。

最近になりまして、世界的にもけん玉(kendama)のブームが来てます。

ご興味のある方はけん玉(kendama)をやられてみては??
また、ご年配の方でも小さい頃にけん玉(kendama)をやっていたという方もけん玉(kendama)をやることは良いかもしれません。

こちらは山形工房(Yamagata Koubou)の大空けん玉(ozora kendama)のPVです。


山形工房

コメントを残す