iOS向け自動化ソフトWorkflow無料化

Apple(アップル)に買収されたWorkflow(ワークフロー)アプリが無料化へ?!

 
 

Workflow(ワークフロー)をいう名前のとおり、複雑な作業であったり、
さまざまな作業を今までよりも手軽に効率よく作業を行うことができるようになります。
Workflow(ワークフロー)は、連絡先やカレンダー、地図に音楽、写真やカメラ、
リマインダー、Safari、AirDrop、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、
Dropbox(ドロップボックス)、Evernote(エバーノート)、iCloud Driveなどの
いろいろなサービスとも連携していることから、自分の好きなようにカスタムすることができます。
少し話しはそれてしまうのですが、Facebook(フェイスブック)は
うまくビジネスの連携をしておりますが、
Dropbox(ドロップボックス)も結構いろいろと動いてますねえ。

Workflow(ワークフロー)は簡単に言えば、
いろいろな作業やさまざまな設定などがドラッグ&ドロップでできるので、
誰でも簡単にワークフローが作れるような仕組み
になっておりますので、ご興味のある方はどうぞ。

それにしましても、最近は新しいサービスが出れば、
他の企業がまたその同じようなサービスをローンチしたりで、
日本では人気のSNOW(スノー)なんかは、Snapchat(スナップチャット)
サードパーティーのような感じで上手く日本市場を取り込みました。

さらにInstagram(インスタグラム)もやたらとSnapchat(スナップチャット 現:Snsp Inc.)の
サングラス型カメラSpectacles
に似た製品が
すでに出ているという意味では、個人的には、Facebook(フェイスブック)の
マーク・ザッカーバーグ(Mark ZuckerbergSnapchat)が買収できなかった
Snapchat(スナップチャット 現:Snsp Inc.)や創業者エヴァン・シュピーゲル(Evan Spiegel)を
やたらと脅威に感じているように個人的には感じるので、Snapchat(スナップチャット 現:Snsp Inc.)
やエヴァン・シュピーゲル(Evan Spiegel)は注目している人物の一人でもありますが…。

 

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です