WhatsApp中小企業向け新アプリ構築?

WhatsApp(ワッツアップ)は、Snapchat(スナップチャット)の機能を改良しましたが、次にWhatsAppは、企業向けの新しいビジネス用のメッセンジャーアプリのプラットフォーム構築に取り組んでいるようです。

WhatsApp(ワッツアップ)の新アプリは、WhatsApp(ワッツアップ)のユーザーが2億人を超えるインドで最初にローンチする予定のようで、アメリカ合衆国の企業の多くは、すでに中国市場からは離れて、新市場インドをターゲットに市場でのシェア獲得をすでにはじめています。

最近では、Microsoft(マイクロソフト)やFacebook(フェイスブック)などもインドの市場に深く進攻しようとしているようですが…。

日本では、メッセンジャーアプリと言えばLINE(ライン)ですが、WhatsApp(ワッツアップ)は、LINE(ライン)のユーザー数を遥かに超える約10億人以上のユーザーがいます。

chatsoudan.com

ちなみにWhatsApp(ワッツアップ)は、2014年2月にFacebook(フェイスブック)が買収しているため、事実上は、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)の支配下。

なぜか、Facebook(フェイスブック)やマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は、買収できなかったSnapchat(スナップチャット)やエヴァン・シュピーゲル(Evan Spiegel)を警戒しているようですが、わたしたちにはわからない世界ですが、それだけSnapchat(スナップチャット)現在のSnap incやエヴァン・シュピーゲル(Evan Spiegel)が脅威なのでしょう?

Snapchat(スナップチャット)のおしゃれサングラス型カメラSpectacles(スペクタクル)

Facebook(フェイスブック)に買収されたInstagram(インスタグラム)もSnapchat(スナップチャット)と同じ機能を追加していますし、Facebook(フェイスブック)は、Snapchat(スナップチャット)のような機能を持った企業を多く買収しています。

日本人は韓国のアプリSNOW(スノー)を好んで使っている方も多いですが、ルーツはSnapchat(スナップチャット)と言っても過言ではない。
(引用:chatsoudan.com

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です