WAYMOの自動運転車もテストドライバーを募集している

Appleがどういう方法で公道での自動運転車を走行するための認可を受けたのかというニュースが話題になりました。

ここへ来て、自動運転車の公道でのテストに関しまして、自動運転車を開発している企業は、Appleの影響か、自動運転車のテストを急速に急ぎ始めたように感じます。

個人的に、いち早く自動運転車を公開しそうに思えたのは、Google(グーグル)関係のWaymo(ウェイモ)かTesla(テスラ)かと思っておりました。

Waymo(ウェイモ)が一般の方に自動運転車のテストプログラムを募集しています。

自走運転か空飛ぶ自動車が先か??または、どちらの機能も兼ね備えた自動車が出るのか??

安全性が確保でき、自走運転者が販売されたら、購入して、目的地を設定すれば、自走運転にお任せをして、お客様のご案内もできますし、旅行などでの長旅の疲れもなくなります。

何よりも、仕事で自動車を使用する方は多いとは思いますが、自動車事故で何も罪のない方たちの犠牲という概念が早くなくなってほしいです。

Meet Waymo’s Early Riders

Waymo Keynote at NAIAS AutoMobili-D 2017

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です