気象情報の精度が高い??アメリカ海軍天文台が公開している台風進路予想

ここでは、あなたの個人的な先入観や偏見などを考慮せずにシンプルに考えてみます。

アメリカ合衆国のUSNOことアメリカ海軍天文台(United States Naval Observatory)はアメリカ合衆国で天体観測などを行っている研究所。

日本の気象庁よりも気象観測の解像度などが一部で高いと言う方も多いのですが、理屈から言えば、ロケット(rocket)や衛星(satellite)、天文学(astronomy)などといった分野で日本よりも進んでいる部分があるということは否めません。

そこで、USNOの情報が正しい情報を提供してくれているということを前提して、USNOのウェブサイト(website)をご紹介します。

U.S. Department of Defenseと記載があるように、アメリカ国防総省他、さまざまなところへのリンクも貼り付けてあります。
・Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
・Naval Oceanography Operations Command (NOOC)
・Fleet Numerical Meteorology and Oceanography Center (FNMOC)
・Naval Oceanographic Office (NAVO)
上記リンクを開く際は、 https://metoc.ndbc.noaa.govへリンクが飛ぶかと思われますが、米国政府機関の使用を目的としているため、情報が取得できない場合がございます。
USNO
metoc.ndbc.noaa.gov

とは言え、見やすいのは、日本の気象庁のウェブサイト(website)であったりもします。

パソコン(PC)とスマートフォン(smartphone)、タブレット端末(tablet)により表示の仕方は異なりますが、情報は日本の気象庁が当然大元で、同じウェブサイト(website)のURLになりますので…。
jma.go.jp/jp/highresorad

当然ですが、まずは自分の国の機関のサービスを信じるしかないです。あとは使えそうなツールは、自己責任で便利なツールを見つけては、活用するしかない。。。