Twitterツイッターの140文字制限が280文字へ

SNSの競争も激化しているようです。

昨日、現時点で世界で最も登録者数の多いフェイスブック(Facebook)の不調が報じられ、多くの人がフェイスブック(Facebook)に登録はしているものの、実際に活用しているのは、ツイッター(Twitter)を活用しているという回答が多かった…。

国により、この動向などは変わるとは思いますが、そんな中、ツイッター(Twitter)が一部言語の現在の140文字の文字数制限を拡大し、280文字へ拡大するテストをするようです。

ここからはツイッター(Twitter)ジャパン(Japnan)とツイッター(Twitter)USAのブログより。

上の図で、日本語では全体のツイート量のわずか0.4%が1ツイートの文字数制限最大の140文字に達していることがわかります。それに比較し、英語のツイートでは全体の9%のツイートが140文字に達していることがわかります。ほとんどの日本語のツイートは15文字であることに比べ、英語では34文字でした。私たちの調査では英語でツイートをする方々にとって文字数制限がフラストレーションを引き起こす一方で、日本語ではそのようなことがないこともわかりました。また、140文字でも文字数に余裕がある言語ではよりツイートが行われることもわかりました!

このデータと今回の試みがよい結果をもたらすと考えています。そこで、本格的な提供を行う前にごく一部の方々のを対象にテストを行うことにしました。テスト結果と頂戴するフィードバックをもとにTwitter上にいらっしゃる皆さんがご利用いただきやすい方法を考えます。この試みにより、文字制限にかかる回数が減り、より多くのツイートが行われるようになれば嬉しいです。

簡潔さがTwitterの信条です。簡潔だからこそ、今起きていることを知る場になれると考えています。簡潔なツイートは情報の要旨やそれぞれの方が考えていることをダイレクトに伝えることができます。この点は決して変わることはありません。

長い間Twitterをご利用くださっている皆さんの多くは140文字ということに思いいれをお持ちかもしれません。私たち社員もそのように感じています。でも、これを試し、この変化によってもたらされるものを見て、新しいけれどもTwitterらしい簡潔さを保つこの方法がとても良いと考えました。そこで、本日よりこの試みを開始してみることにします。その結果を見て、今後について決めたときにまたご案内させてください。

 

           (左)140文字と(右)280文字のツイート

 

            同じツイートをそれぞれの言語で表示したもの