Twitterがビジネス用カスタマーダイレクトメッセージ機能

さまざまな噂があるTwitter(ツイッター)ですが、最近Twitter(ツイッター)は、SNSの中でも少し頭一つ抜きん出ているように感じます。

Twitter(ツイッター)の存在が今大きいように感じます。

ニュースなどさまざまな情報をいち早く取得することができます。某メディアの方とお話をする機会がありますが、メディアの方でさえTwitter(ツイッター)は常にチェックしているようです。もはやSNS業界に限らず、もはやメディアとしての存在でもあるTwitter(ツイッター)。

Twitter(ツイッター)ビデオやPeriscope(ペリスコープ)なんかで、すぐにライブ配信できることもTwitter(ツイッター)が活用される要因の一つでもあるように感じます。

そんなTwitter(ツイッター)が以前よりあった機能を強化し、ビジネス用アカウントでダイレクトメッセージカードを送れる機能をオススメしています。

Twitter(ツイッター)がビジネス用に機能強化をした機能をダイレクトメッセージカードと名づけ、ダイレクトメッセージカードは、Twitter(ツイッター)ユーザーに自動返信をできる機能を搭載した広告で、ユーザーはそこからダイレクトメッセージを送ることで、1対1の会話ができるようになる。

さらに一般ユーザーでも以前から活用できていた機能をビジネス用機能にも追加した。それがいくつかの中から選択を促すという機能。

実際にはこのようにTwitter(ツイッター)上では表示されます。

例えば、上記のようなTwitter(ツイッター)の場合、4つの選択肢を作成して、ユーザにお好みのものを1つをタップしてもらうことで、お好みのカクテルを自動ボットでダイレクトメッセージで提案することができ、会話機能が開く。

ちなみにこのツイッターカードは個人的にもよく活用するのですが、Twitter(ツイッター)へのマーケティング調査にも活用できます。

ちなみにAPIがここまで普及してきた要因の一つにTwitter(ツイッター)の影響が大きく、Twitter(ツイッター)APIを活用したサービスも数多くローンチされております。

例えば日本のビジネスサービスでTwitter(ツイッター)をうまく活用しているサービスでtogetter(https://togetter.com/)というサービスがありますが、Twitter(ツイッター)を活用してがっぽりですな。

コメントを残す