Twitter APIからbotを作るヒント(結構昔の…)

かなり前に試してみたTwitter APIからbotを作るソースコード。今はもっとシンプル。

<html>
  <head>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
    <title>twitter API サンプル</title>
  </head>
  <body>
  <h1>twitter API サンプル</h1>
<?php

//ユーザーIDとパスワードを設定
$email = "登録したメールアドレス";
$password = "登録したパスワード";

//Twitter APIのメソッドURLを設定
//$host = "http://twitter.com/statuses/replies.xml";    //返信一覧
//$host = "http://twitter.com/statuses/friends_timeline.xml";   //フレンドの発言一覧
$host = "http://twitter.com/statuses/public_timeline.xml";      //公開つぶやき一覧
//$host = "http://twitter.com/statuses/user_timeline.xml";      //ユーザーの発言一覧

//since(日時オプション)を設定する。形式は「Sun, 7 May 2017 00:00:00 GMT」の形
$host .= "?since=".urlencode(date('D, d M Y G:i:s GMT', strtotime('-10 day')));

//cURLセッションを初期化
$ch = curl_init();

//APIでテストをしたいときは、以下のコメントアウト部分を解除
//$host = "http://twitter.com/statuses/update.xml";
//$host .= "&status=".urlencode("API経由で書き込みテスト");
//curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, TRUE);

//オプション設定
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $host);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, TRUE);
curl_setopt($ch, CURLOPT_USERPWD, "$email:$password");
curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);

//cURLセッションを実行
$result = curl_exec($ch);

//cURLリソースを閉じ、システムリソースを解放
curl_close($ch);

//XML文字列をオブジェクトに代入 
$XML = simplexml_load_string($result);

//statusの数だけ繰り返す
foreach ($XML->status as $status){
  //名前と発言内容を表示
  echo "<b>".$status->user->screen_name."</b> : ".$status->text."<hr>\n";
}

?>
  <p>powerd by <a href="http://apiwiki.twitter.com/">Twitter API</a></p>
  </body>
</html>

php curlでbotを作る(参照➡http://php.net/manual/ja/book.curl.php)

<?php
$username = "ユーザー名";
$password = "パスワード";

//参考URLのRSSを取得
$host = "http://twitter.com/statuses/user_timeline/rss";

//--------

////cURLセッションを初期化する
$ch = curl_init();

curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $host);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, TRUE);
curl_setopt($ch, CURLOPT_USERPWD, "$username:$password");
curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);

//////cURLセッションを実行する
$result = curl_exec($ch);
////
//////cURLリソースを閉じ、システムリソースを解放する
curl_close($ch);

//XML文字列をオブジェクトに代入する 
$XML = simplexml_load_string($result);

//得られたxmlデータをごにょごにょ
//参考URLのRSSの発言はカンマで区切られた単語なので、それをランダムに抽出
//それをまたランダムなテンプレートにはめ込みます。

//ポスト部分

//ポストは関数を使います

tweet($massage ,$username,$password);

function tweet($massage ,$username,$password)
{
$massage =urlencode($massage);
$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'http://twitter.com/statuses/update.xml');
curl_setopt($ch, CURLOPT_CONNECTTIMEOUT, 2);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, 1);
curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, "status=$massage ");
curl_setopt($ch, CURLOPT_USERPWD, "$username:$password");
$buffer = curl_exec($ch);
curl_close($ch);
}

?>

 
参照:Twitter Developers➡https://dev.twitter.com/index

こういう感じで、皆さんが楽しんで活用しているSNSのデータが蓄積されて、botが作られます。人工知能(artificial intelligence/AI)もベースの考え方はざっくりと言えば同じ。肝心なものは、ビッグデータ(bigdata)。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す