Twitterが企業のエージェントとなるボット機能をローンチ

Twitter(ツイッター)が企業のカスタマーサービスやカスタマーサポートをするようなチャットボット(chatbots)をローンチ。

お客様は、とにかくお問い合わせに対して待たされることは非常にストレスになる。

今回のTwitter(ツイッター)の企業向けのチャットボット(chatbots)機能で、お客様へ早期対応ができるようになるようです。

但し、完全に日本語に対応しているのかどうかは、まだ試していないので、わかりません。

このようなチャットボット(chatbots)機能はさまざまな企業がローンチしておりますが、Twitter(ツイッター)自身がこのチャットボット(chatbots)機能をローンチすることで、Twitter(ツイッター)の所有しているビッグデータ(bigdata)を活用して、お客様への早期カスタマーサポートが可能になります。

この新機能のサービスをローンチしたのは、T-Mobile。

Twitter(ツイッター)アカウント@TMobileHelpを活用することで、お客様とのダイレクトメッセージ(DM)で新しいカスタムプロファイルを使用することがようになります。

ダイレクトメッセージAPIの新しいバージョン(現在プライベートベータ版)にカスタムプロファイルのサポートが追加。ダイレクトメッセージでカスタムプロファイルをビジネスで活用したいと考えている方は、Twitter(ツイッター)へ新しいAPIの申請をすることができます。

Twitter Blog

コメントを残す