Twitterが企業のエージェントとなるボット機能をローンチ

Twitter(ツイッター)が企業のカスタマーサービスやカスタマーサポートをするようなチャットボット(chatbots)をローンチ。

お客様は、とにかくお問い合わせに対して待たされることは非常にストレスになる。

今回のTwitter(ツイッター)の企業向けのチャットボット(chatbots)機能で、お客様へ早期対応ができるようになるようです。

但し、完全に日本語に対応しているのかどうかは、まだ試していないので、わかりません。

このようなチャットボット(chatbots)機能はさまざまな企業がローンチしておりますが、Twitter(ツイッター)自身がこのチャットボット(chatbots)機能をローンチすることで、Twitter(ツイッター)の所有しているビッグデータ(bigdata)を活用して、お客様への早期カスタマーサポートが可能になります。

この新機能のサービスをローンチしたのは、T-Mobile。

Twitter(ツイッター)アカウント@TMobileHelpを活用することで、お客様とのダイレクトメッセージ(DM)で新しいカスタムプロファイルを使用することがようになります。

ダイレクトメッセージAPIの新しいバージョン(現在プライベートベータ版)にカスタムプロファイルのサポートが追加。ダイレクトメッセージでカスタムプロファイルをビジネスで活用したいと考えている方は、Twitter(ツイッター)へ新しいAPIの申請をすることができます。

Twitter Blog

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です