スペースX(SpaceX)創業者(Founder)イーロン・マスク(Elon Musk)の本当の目的は人類の火星移住計画

先日、国際宇宙会議(IAC2017/International Astronautical Federation 2017)でスペースX(SpaceX)の創業者(Founder)イーロン・マスク(Elon Musk)がスペースX(SpaceX)のロケット(Rocket)で世界の主要都市を約30分で行き来することができるような報道が多くされています。

実際にインターネット(internet)やメディアなどでもこの内容を大きく伝えています。

例えば、ニューヨークから上海間を39分、ニューヨークからロサンゼルス間を25分、東京からハワイ間を30分で現在の航空機会社のエコノミークラスくらいの金額価格で行くことができるということで話題になっておりますが、スペースX(SpaceX)の創業者(Founder)イーロン・マスク(Elon Musk)の本当の目的は、人類の火星移住計画(The Mars emigration plan of the humans)です。それなのでMars Plan(マーズ・プラン)計画と言われている。

実際に、スペースX(SpaceX)の創業者(Founder)イーロン・マスク(Elon Musk)は、2022年には2基のロケット(Rocket)を打ち上げ、先に荷物を輸送し、2024年にさらに4基のロケット(Rocket)の打ち上げを目的としており、2060年代くらいまでには、約100万人を火星に移住させるということを以前より伝えられていた。

そもそもなぜこのような主要都市を30分で結ぶことができるようになったのかというと、スペースX(SpaceX)のファルコン(Falcon)やドラゴン(Dragon)ロケット(Rocket)の大きな開発技術は、打ち上げたロケット(Rocket)を地球に帰還させることができるからです。まだまだ開発中で、頻繁にスペースX(SpaceX)はロケット(Rocket)を打ち上げておりますが、再利用可能ロケットとも言われておりますが、そもそもはこの打ち上げたロケット(Rocket)を目的地に着陸をさせるという技術を開発したからです。

SpaceX(スペースX)創業者イーロンマスク(Elon musk)火星への惑星旅行Mars trip

イーロン・マスク(Elon Musk)は、彼自身のSNSアカウントで、ロケット(Rocket)以外にも独自の宇宙服も公開しており、さらには、火星移住計画を担う火星都市Mars City(マーズシティー)のイメージ画像や動画も公開しています。さらに、この宇宙旅行計画と言われている正式名称はMars Trip(マーズトリップ)という名前が正式名称です。

あまり伝えられていない情報でしたので、補足させていただきます。参考としまして、スペースX(SpaceX)公式ツイッター(Twitter)アカウントやイーロン・マスク(Elon Musk)公式インスタグラム(Instagram)アカウントなどを埋め込みます。

Making Life Multiplanetary スペースX(SpaceX)公式動画
「This week at the International Astronautical Congress (IAC) in Adelaide, Australia, SpaceX CEO and Lead Designer Elon Musk will provide an update to his 2016 presentation regarding the long-term technical challenges that need to be solved to support the creation of a permanent, self-sustaining human presence on Mars.」

BFR Earth to Earth スペースX(SpaceX)公式動画

スペースX(SpaceX)が開発したSpaceX spacesuit(スペースXスペーススーツ)

Instagram


Instagram

国際宇宙会議(IAC2017/International Astronautical Federation 2017)前にスペースX(SpaceX)が公開していたこれまでの道のりです。数々の失敗をしている動画です。

Mars City Opposite of Earth. Dawn and dusk sky are blue on Mars and day sky is red.

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 –

Part 2

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 –

ちなみに宇宙という上空に関しまして言えば、スペースX(SpaceX)のロケット(Rocket)がありますが、イーロン・マスク(Elon Musk)は地球上では、すでに現時点で時速1200kmを超えるハイパーループワン(Hyperloop One)や電気自動車企業テスラモーターズ(Tesla)などの創業者(Founder)でもあります。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)