Swiftypeが検索機能強化

Swiftype(スウィフティタイプ)は、サイト検索機能を強化し、カスタマーサポートやeコマースなどの分野にもサービスを拡大しているようです。

Swiftype(スウィフティタイプ) Twitter(ツイッター)

Swiftype(スウィフティタイプ)は、企業の規模に関わらず、さまざまなサービスのすべてのドキュメントやファイルを検索できる場所を検索できる機能を提供しています。

ちなみに先日Google(グーグル)はクラウド検索サービスをローンチしましたが、Google(グーグル)サービスのみを検索する仕組みになっている。

Swiftype(スウィフティタイプ)検索はOffice 365やGoogle(グーグル)のG Suite、Dropbox(ドロップボックス)などとのサービスとも連携している。ユーザーがカスタムデータソースに接続できるようにするAPIもあります。

Swiftype(スウィフティタイプ)の人工知能(artificial intelligence/AI)がどのようにすべてのデータを見て、検索経験を向上させることができるのかが興味深いです。

シンプルにキーワード検索をするだけでなく、よりユーザーが検索したいと思われる方法でクエリを解釈できるのかどうかですね。

Swiftype(スウィフティタイプ)は、モバイルアプリも開発していて、複雑なクエリを理解し、ユーザーが必要としている情報や関連するコンテンツをいち早く検索する機能向上のために開発を進めているようです。
Swiftype

コメントを残す