Swiftypeが検索機能強化

Swiftype(スウィフティタイプ)は、サイト検索機能を強化し、カスタマーサポートやeコマースなどの分野にもサービスを拡大しているようです。

Swiftype(スウィフティタイプ) Twitter(ツイッター)

Swiftype(スウィフティタイプ)は、企業の規模に関わらず、さまざまなサービスのすべてのドキュメントやファイルを検索できる場所を検索できる機能を提供しています。

ちなみに先日Google(グーグル)はクラウド検索サービスをローンチしましたが、Google(グーグル)サービスのみを検索する仕組みになっている。

Swiftype(スウィフティタイプ)検索はOffice 365やGoogle(グーグル)のG Suite、Dropbox(ドロップボックス)などとのサービスとも連携している。ユーザーがカスタムデータソースに接続できるようにするAPIもあります。

Swiftype(スウィフティタイプ)の人工知能(artificial intelligence/AI)がどのようにすべてのデータを見て、検索経験を向上させることができるのかが興味深いです。

シンプルにキーワード検索をするだけでなく、よりユーザーが検索したいと思われる方法でクエリを解釈できるのかどうかですね。

Swiftype(スウィフティタイプ)は、モバイルアプリも開発していて、複雑なクエリを理解し、ユーザーが必要としている情報や関連するコンテンツをいち早く検索する機能向上のために開発を進めているようです。
Swiftype

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です