スタートアップ大国シンガポール発の不動産紹介チャットボット不動産

今やアジアをリードする存在となったスタートアップ大国シンガポール。

そんなシンガポールでもチャットボット(チャットbot chatbots)は、やはり注目を集めています。

しかも少しいじってみたら、日本のチャットボット(チャットbot chatbots)機能よりも、個人的には良いような…。

そんなチャットボット(チャットbot chatbots)機能を搭載させたシンガポールの不動産会社は、StreetSineという不動産会社で、Facebook messenger上ですと、Seviという名前でサービスを行っておりますが、このチャットボット(チャットbot chatbots)機能を搭載させた不動産会社StreetSineは、不動産ソフトウェア会社Singapore Real Estate Exchange (SRX)の運営元でもあります。

そしてStreetSineは、個人向け不動産売買のパーソナルアシスタントのチャットボット(チャットbot chatbots)機能を搭載しています。

Seviは、WhatsAppや WeChatなど、他のプラットフォームでもチャットボット(チャットbot chatbots)機能を導入することを考えているようで、現時点では英語でのやりとりのみですが、今後は多言語に対応するシステム構築を行っていく方針のようで、ゆくゆくは、世界進出を考えているようです。

日本の所謂大手不動産会社をはじめ、日本の不動産業界全体に限らず、今まで日本は世界で進んでいる国という認識を持たれていた方たちは、危機感を持つ必要がありますね。

STREETSINE

コメントを残す