ソフトバンクビジョンファンドで世界一挑戦?

ソフトバンク(Softbank)がアメリカ合衆国進出で世界一挑戦?

ソフトバンクグループ(SoftBank Group)のファンド会社ソフトバンク・ビジョン・ファンドのために孫正義氏は、約100億ドルを資金調達するようです。

孫正義Twitter(ツイッター)

ソフトバンクグループ(SoftBank Group)Twitter(ツイッター)

昨年10月、共同ファンドとしてソフトバンク(SoftBank)の公式Webサイトでもきさいされていた、サウジアラビア王国のパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、すでにこのファンドから離れているようです。

否、むしろすでにいろいろと動かれていたとは思いますが、アメリカ合衆国の大統領が、ドナルド・トランプ(Donald Trump)になって、現時点では、はっきりしたことは言えませんが、むしろソフトバンク(SoftBank)にとりましては、よかったのかもしれません。

個人的な憶測ではありますが、孫正義氏がドナルド・トランプ(Donald Trump)と接触したことや、何気なくみている方も多いかとは思いますが、最近のソフトバンク(SoftBank)CMにジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)を使っていたことから、世界を視野に入れたマーケティングかなあ?世界展開が間もないのかなあとは個人的には感じておりましたが、世界市場への挑戦が本格化しそうです。

ソフトバンク(SoftBank)Twitter(ツイッター)

ちなみにソフトバンク(SoftBank)CMの違うジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)バージョンです。

ソフトバンク(SoftBank)CM SUPER STUDENT 「学校」篇B (30秒)

特にわたしたちは、ソフトバンク(SoftBank)とは、一切関係がないのですが、日本企業の世界挑戦を個人的には応援したい。

ソフトバンクグループ(SoftBank Group)が2013年に買収したアメリカ合衆国大手の携帯事業会社スプリント(Sprint)は、業績悪化が進む一方のようで、同業界大手のベライゾン(Verizon)やAT&Tに押される一方で、資金繰りも厳しくなっていていたようです。

そして、ソフトバンク(SoftBank)の孫正義氏がまた新たに始動したようです。
ソフトバンク・ビジョン・ファンドの設立に関するお知らせ-Softbank

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です