Sketchfabの3DVRを不動産に応用?!

3DデータをダウンロードできるSketchfab(スケッチファブ)を不動産のデータに応用できないか?

Sketchfab(スケッチファブ)が一躍注目を集めたのは、メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)に続いて、大英博物館(The British Museum)の歴史的収蔵物を3Dプリントでダウンロードできてしまうことで、一躍脚光を浴びはじめました。

大英博物館(The British Museum)の歴史的コレクションを3Dプリントできてしまうのです。Sketchfab(スケッチファブ)専用サイトでデータをダウンロードすれば、あとは自分で制作できてしまいます。

このSketchfab(スケッチファブ)のような斬新的なテクノロジーで、まだどこの不動産会社もやっていないことをどうにかうまく応用できないか試行錯誤中です。

うまく大英博物館(The British Museum)の歴史的コレクションを3Dプリントでダウンロードできてしまうように、まだどこの不動産会社も活用していないSketchfab(スケッチファブ)をどうにか活用したい?!

ちなみにこちらがSketchfab(スケッチファブ)で公開されている大英博物館(The British Museum)のコレクションです。

Granite head of Amenemhat III
by The British Museum
on Sketchfab

コメントを残す