Sketchfabの3DVRを不動産に応用?!

3DデータをダウンロードできるSketchfab(スケッチファブ)を不動産のデータに応用できないか?

Sketchfab(スケッチファブ)が一躍注目を集めたのは、メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)に続いて、大英博物館(The British Museum)の歴史的収蔵物を3Dプリントでダウンロードできてしまうことで、一躍脚光を浴びはじめました。

大英博物館(The British Museum)の歴史的コレクションを3Dプリントできてしまうのです。Sketchfab(スケッチファブ)専用サイトでデータをダウンロードすれば、あとは自分で制作できてしまいます。

このSketchfab(スケッチファブ)のような斬新的なテクノロジーで、まだどこの不動産会社もやっていないことをどうにかうまく応用できないか試行錯誤中です。

うまく大英博物館(The British Museum)の歴史的コレクションを3Dプリントでダウンロードできてしまうように、まだどこの不動産会社も活用していないSketchfab(スケッチファブ)をどうにか活用したい?!

ちなみにこちらがSketchfab(スケッチファブ)で公開されている大英博物館(The British Museum)のコレクションです。

Granite head of Amenemhat III
by The British Museum
on Sketchfab

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す