Shadow Brokers

2016年11月にアメリカ合衆国関係のメディアやロシア系メディアが報じた情報で世界的ハッカー集団シャドーブローカーズ(Shadow Brokers)がアメリカ国家安全保障局(NSA/National Security Agency)から盗んだ新たなデーターを公表していた。

2017年4月には、Microsoft(マイクロソフト)もハッカー集団シャドーブローカーズ(Shadow Brokers)に警鐘をならしていたが先日、日本の某メディアもようやくこの情報を報じておりました。

ちなみに2016年8月頃には、すでにインターネットやテクノロジー関係の情報サイトなどがこの情報をすでに報じており、エドワード・スノーデン(Edward Snowden)もツイッター(Twitter)上で意味深なツイート(tweet)をしておりました…。

世界約150ヶ国に存在すると言われているハッカー集団シャドーブローカーズ(Shadow Brokers)。世界的にも超難関だと言われている技術を駆使していたハッカー集団イクエーショングループ(Equation Group)でさえもシャドーブローカーズ(Shadow Brokers)のサイバー被害に遭っている。

シャドーブローカーズ(Shadow Brokers)はあまり日本では公にはなってはいないのですが、2017年5月には、北朝鮮のハッカー集団ラザルス(Lazarus)が攻撃をしたと推測されるウォナクライ(Wannacry)に類似した身代金型ウィルスランサムウェア(Ransomware)によって、企業など日本社会は混乱した。

たまたま動画で日本の方が、シャドーブローカーズ(Shadow Brokers)がアメリカ国家安全保障局(NSA/National Security Agency)から盗んだデータをオークションにかけるというお話しをしておりましたが、すでにビットコイン(bitcoin)でオークションリストのようなものが公開されているのですが…。

真相は定かではないのですが、シャドーブローカーズ(Shadow Brokers)は、アメリカ国家安全保障局(NSA/National Security Agency)のエリート部門TAO(Tailored Access Operations unit)とどうだこうだとも言われておりますが…。

昔からハッカー(hacker)は存在はしており、なぜそんなに凄い技術があるのにハッカー(hacker)になるのかは個人的には推測はできはしますが、ビジネスを行えば、すぐに成功しそうだと誰しもが思うとは思いますが、どういった経緯でハッカー(hacker)にと思う方も多いとは思います…。

とにかくすでにサイバー戦争は始まっているということですね。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す