Peing開発者せせりさん

今では話題のPeing(質問箱)。

1人で6時間で制作したPeing(質問箱)。現在は、ハッシュタグなどで#peing #odaibako というような感じで拡散もされています。

2017年11月22日に公開されてから約1ヶ月でジラフが2017年12月21日にPeingを買収し、2018年1月9日にはPeingを買収したジラフが、Peing海外版QuestionBoxを海外展開も開始した

大体の仕組みで言えば、Sarahah(サラハ)に似ている。というのもPeing開発者せせりさんはSarahah(サラハ)やculonも分析していた。Sarahah(サラハ)の企業価値やサービスの価値は、日本円で何十億円や何百億円という価値という噂や情報も流れています。

Twitter APIの規制でせせりさんもマストドン(Mastodon JP)管理人ぬるかるさん同様にツイッター(Twitter)アカウント凍結も受けていたようですが、結論から言えばPeingもできて、売却もできて、さらに自分が制作したものが海外に拡散されるので良かったのかもしれません…。

一攫千金を狙っていたとシンプルに言う人も多いのですが、せせりさんの公式ブログや公式ツイッター(Twitter)アカウントを見るといろいろと苦労があったようにも感じる

それでは、せせりさんの公式ツイッター(Twitter)アカウントをランダムに。


考えすぎてしまう人のブログ