SEO対策を考えた場合のドメインについて…

Webサイトなどを制作する際や、インターネットなどのネットワーク環境を活用して新しく何かを始めようとするときに必要となってくるドメイン。一体どのようなドメインがSEO対策に良いのか??あとは、個人的に思うこととして、人工知能(artificial intelligence/AI)などのテクノロジー(technology)の進化によりましては、そもそもSEOという概念そのものが意味をなさないのでは…?と思います…??
現在であれば、SEOの真実はわかりませんが、将来的には、テクノロジー(technology)はどのように変化をしていくのか??

または、世界中のどこかから隠れている才能が開花されるのか??

MicrosoftのTayで人工知能に潜むバイアス(先入観や偏見)が?!

Googleが人工知能(artificial intelligence/AI)から偏見を排除?!

一応ドメインの種類につきまして…

まずは、ドメインの種類についてある程度理解しておきましょう。
ドメインの種類
1.gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)
2.ccTLD(国別トップレベルドメイン)
3.「.xyz」ドメイン
4.セカンドレベルドメイン(SLD).jpドメイン

gTLD/ccTLD(JPドメイン)ドメインによるSEO対策での違いやアルゴリズム(algorithm) はgTLDをどう評価しているのか…??

1.gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

gTLDとは一般的なgTLDドメインとはいわれてきましたが…。

例えば、政府や政府機関、地方行政機関が利用する「.gov」も一応ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)と言われておりますので…
(参照:.gov-Wikipedia

ウェブサイトを立ち上げる際はgTLDを利用する方が大半だと思われます。
一般的には「.com」「.net」。日本の方ですと「.co.jp」や最近だと「.jp」というドメインも目にします。さらに最近ですと「.io」や人工知能(artificial intelligence/AI)を意識したような「.ai」などさまざまなドメインがでております。地域gTLDについて日本での地域gTLDについてのトップドメインも多く出てきました。「.shop」なんかもよく見かけますが、「.shop」というドメインも注目されておりますが真実は…??

地域に特化したようなドメインだと「.ryukyu」など、さまざまな地域に特化したドメインが出ております…。

SEO対策を考えたときに、気になるのがGoogle(グーグル)ですが、Google(グーグル)としてはどのような考えをしているのでしょう??Google(グーグル)のgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)に対する取扱いについてGoogle(グーグル)はgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)について記述しております。

「.com」を選んでも「.tokyo」を選んでもSEOには差がないようなことを記述しております。
もちろん、アルゴリズム(algorithm)が公になれば、誰もが検索結果を上位表示させたいということは否めませんので、現時点でもSEOという概念がなくなりますからね…。
ちなみに詳細は、日本語のGoogleウェブマスター向け公式ブログ「新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対するGoogleでの取り扱いについて」を確認してみてください。

2.ccTLD(国別トップレベルドメイン)

ccTLD(国別トップレベルドメイン)とは、その名の通り国別に割り当てられたドメインのことを指します。日本では一般的には「co.jp」や「.jp」ドメインが多いのですが。
海外をマーケットとして考えた場合には、「.com」を利用している方が多いのですが、「.com」や「.jp」を利用したとしてもGoogle(グーグル)のSEO対策や検索エンジンに影響はないようなことが言われておりますが…。Google WebmastersにてドメインについてYoutube(ユーチューブ)などで公開しております。
Should I use ccTLDs for sites not targeted to those countries?-Google Webmasters

例えば、「.tv」などは、「TV」とついていることから、全世界のマスメディア関係で使われているドメインとなりますが、ツバルという国も少なくとも関係はしているような…??

しかし、現在の世界的に大きな企業は「.com」を使われておりますが、最近のスタートアップなどは、先述のとおり「.io」や「.ai」などを利用しております。

3.「.xyz」ドメイン

「現在のGoogle(グーグル)の親会社アルファベット(Aalphabet)も「.xyz」ドメインを利用しておりますが、「.xyz」は最近誕生したドメインです。

「.xyz」ドメインは、地域TLDだったため一般開放されていませんでしたが、「.xyz」ドメインは現在では取得することができます。

現在のGoogle(グーグル)の親会社アルファベット(Aalphabet)は「.xyz」を使用しております。

Alphabet社のWebサイトです。
https://abc.xyz/

Google(グーグル)の親会社アルファベット(Aalphabet)は「.xyz」のドメインになります。

おそらく現時点で「.xyz」のSEO対策効果については、あまり使われていないドメインのため、ドメイン選びが容易であり、ドメイン名がある程度自由に設定できることから、SEO対策が有効に働くものだと考えます。例えばビジネスサイトの場合は「business.xyz」などで取得ができるということですね。
4.セカンドレベルドメイン(SLD)・JPドメイン

セカンドレベルドメイン(SLD)とは、組織の属性を表す属性型JPドメイン名の一つで、JPドメインとも呼ばれます。つまり、ccTLD(地域別TLD)と同じような属性となります。

きりがないのでトップレベルドメイン一覧(List of Internet top-level domains)を…(参照:List of Internet top-level domains-Wikipedia

しかし、「SEOを辞めたら…」という言いながらも、SEOについて記述されていたりしますが、オープンソースのように公開できるものは公開していく社会になりつつあるような気もします…??

MicrosoftのTayで人工知能に潜むバイアス(先入観や偏見)が?!

Googleが人工知能(artificial intelligence/AI)から偏見を排除?!

冒頭に記述させていただいたように、しっかりとした人工知能(artificial intelligence/AI)の開発が可能で、テクノロジー(technology)の進化によりましては、そもそもSEOという概念そのものが意味をなさないのではないのかなあ個人的には考えますが…??

そもそもドメインという概念もテクノロジー(technology)の進化でどうなるのでしょうか??

しかし、今現在を生きており、非エンジニアでもないので…😅

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です