鯖(サバ)の意味をデータ(data)はきちんと理解できるのか…

鯖(サバ)でわかる日本人のセンス。これで日本語のきちんとした翻訳や音声認識などをきちんとデータ(data)は判断できるのか。日本人の生み出すものやセンスに脱帽です。

2017年12月5日TBS系列で放送されたマツコの知らない世界のサバ缶の世界でわかるサバ(鯖)の意味。

鯖(サバ)と言えば、サーバー(server)を意味する鯖(サバ)もあれば、サバ缶と言えば、サーバー管理者を意味することがある。一方で、鯖(サバ)やサバ缶と言えば、本当の魚の鯖(サバ)やサバ缶を意味することもあります。

人工知能(artificial intelligence/AI)とかデータサイエンス(data science)とかいわれるけれども、データ(data)やいろいろな認識(cognition/recognition)をきちんとできるのか。

余談ですが、戻りカツオの収穫が芳しくないようで、戻りガツオ戻らずだって。

恐らく言語認識や音声認識(speech recognition)などの技術の進歩は凄いとは思いますが、日本人の生み出す造語、スラング(slang)をきちんと認識(cognition/recognition)をして適切なデータ(data)インプットアウトプット(input output/io)できるのか疑問です。

日本人や日本語ってすごいなあとはずっと思ってきましたが、やはり日本人のセンスなどには脱帽です。

機械学習(machine learning)とかもちょくちょくやっているのですが、日本語や日本人はやはり凄いと再認識。

機械学習(machine learning)、データサイエンス(data science)、人工知能(artificial intelligence/AI)…☺☺☺