東日本大震災により増加している環状交差点

2014年(平成26年)9月1日から交通方法が整備され環状交差点が増加し、これからも環状交差点を増やしていく。

これは、東日本大震災の際、信号機の機能が完全に停止したことにより警察やボランティアの方などが24時間で交通整理を行うことによる負担軽減や災害や震災の際の有事の際にスムーズな交通状況を確保するための一環や渋滞や重大事故が起きにいようで、現時点では日本には15ヶ所にしか存在しない環状交差点ですが、これからも環状交差点を増やしていく方針のようです。

こちらが環状交差点を図面にしたものです。

こちらは環状交差点をあらわす標識です。

実際に現時点で環状交差点がある場所を探してみました。こちらが現時点で存在する環状交差点の場所と衛星画像です。
こちらは神奈川県横浜市金沢区柳町にあります環状交差点(ラウンドアバウト)です。

こちらは長野県飯田市鈴加町にある環状交差点(ラウンドアバウト)です。

海外でよく目にする環状交差点(ラウンドアバウト)ですが、狭い道の多い日本ではなかなか整備することは難しいような気がしますが、災害時震災時には、確かに役立つと思われます。

警視庁

コメントを残す