Remembering the Kanji

James W. Heisig(ジェームズ・ハイジック)が著者のRemembering the Kanjiから学ぶ、海外の人が日本語を学ぶときの必需品。

Remembering the Kanjiの著者James W. Heisig(ジェームズ・ハイジック)氏は、日本の愛知県名古屋市に在住で、自らが日本語習得に戸惑ったことをなどを理論的に説明している書籍になります。

海外の方からは日本語を習得するための必須アイテムとなっている、Remembering the Kanjiですが、日本人が海外の方から母国日本について話しをすることは非常に恥ずかしい。

Remembering the Kanjiは、日本語を習得するためにストーリー感覚で漢字を習得するという内容で書かれていますが、非常にわかりやすい。

日本人として、母国語の日本語のもっとコアな意味や日本の文化もさらに覚えなければいけないなあと思う今日この頃です。

とりわけ、海外の方と話す機会があると、ほとんど自分の国の文化などについて聞かれることが多いので、日本人として、日本の文化や魅力などをしっかりと海外の方に説明できるように勉強をしなければいけないなあと思います。

コメントを残す