シェアする

絶滅危惧種のリスト

Red List(レッドリスト)は国際自然保護連合(IUCN)が作成した絶滅危惧の恐れのある野生生物のリストです。

皆さんは、これについてどう思いますか?

何も思わないということも権利だと思いますが、もしも何も思わないということであれば、個人的にそれは大問題です。

ほとんどが、人間の都合で、誰かのどこかが利益を得るために共存していかなければいけない野生生物が増えているということを危惧します。

かつては、自然であったり、野生生物であったり、ある程度はうまくバランスが取れていた。

しかし、地球による自然災害ではなく、人間の、そして誰かの利益のために完全に生態系ももはやカオスです。

何もかもがカオスです。

しかし、一つここで少し怖い話をすると、テクノロジーの進化で人間の欲求はどんどん高まり、今やたらと人工知能(artificial intelligence/AI)が注目を集めておりますが、このRed List(レッドリスト)に人間が入ってくる可能性も少なからずすでにあるように感じます。

その果ては、人間に変わったロボットなのか他の生物なのかが支配する世界が成立するという意見も聞きます。

その前に人間が人間の力で地球を破壊してしまう恐れもあります。

人間が自然を破壊することなどで、野生生物が絶滅する前に、地球自体が大きな自然災害に遭う可能性もありますし、氷河期に入る可能性さえあります。

多くは書きません。この問題について考えるのは異なる意見を持ったそれぞれの個人だともいます。

何よりも無知であったり、何も考えないことを危惧します。
RED LIST-IUCN

シェアする

フォローする