One Red Paperclip

そういえば、何となく以前から何かとふと思うことが多々あり、思い出しましたので…。

何年前かに、そして、どこの国の方か忘れましたが…??
➡気になって調べてみましたら見つかりましたので、後ほど…。

一つの赤いクリップが物々交換で一軒家に換えることができるのかどうかというおもしろいことをやっていました。

日本で言う「わらしべ長者」ですね。

ちなみに「redclip」というドメインを調べてみましたら、日本でしたら、現時点ではClipという名前で、物々交換アプリを出している企業がヒットしますが、この「redclip」の物語に影響を受けて、物々交換サービスを思いついたように感じます。

ちなみに、「redclip」について調べてみたところ、正式には、「oneredpaperclip」。つまり、一つの赤いクリップからこの物語がはじまるというアイデア。

最近では、この「oneredpaperclip」を参考にしたサービスも多いです。

ちなみにこの「oneredpaperclip」を始めたのは、カナダのカイル・マクドナルド(Kyle MacDonald)さん。

今でもカナダのカイル・マクドナルド(Kyle MacDonald)さんの「One Red Paper Clip」というサイトがあります。

いやあ、今でもウェブサイトを継続していたり、Blogger(ブロガー)を使っていたり。mmm…なんだか「いいね👌!!」!!🤘🤘

知識などがありましても、アイデアは大切ですよね。

何だか急に思い出しましたので…。夢物語は行動次第ですね?!🤘🤘
One Red Paper Clip Website ➡ www.redpaperclip.com 【Red Paperclip】

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です