人工知能からバイアス(先入観,偏見)を除去??

人工知能(artificial intelligence/AI)からバイアス(先入観,偏見)を除去することは正しいのか??

わたしたちは、開発者でも研究者でもない。

しかし、人工知能(artificial intelligence/AI)とバイアス(先入観,偏見)の関係は一体どうなるのでしょう?
もちろん、極端な一般的に悪いバイアス(先入観,偏見)を搭載した人工知能(artificial intelligence/AI)がディープラーニング(deeplearning)してしまうことに関しましては、非常に危険な社会になってしまうことは想像がつきます。

しかし、全くバイアス(先入観,偏見)のない人工知能(artificial intelligence/AI)もどうなのかということも最近疑問です。
全く0からの状態の人工知能(artificial intelligence/AI)ってどうなのでしょう?

Twitter(ツイッター)でマイクロソフト(Microsoft)が作った人工知能(artificial intelligence/AI)のTayTweets(アカウント@TayandYou)は、恐らくTayTweets(アカウント@TayandYou)の開発者のバイアス(先入観,偏見)が反応してしまったのか、不適切な発言をしてしまうことが多く、ローンチしてすぐにTwitter(ツイッター)アカウントが停止された。

しかし、全くバイアス(先入観,偏見)のない人工知能(artificial intelligence/AI)もどうなのでしょうか?

何十年前からも人工知能(artificial intelligence/AI)については、すでに話題とはなっておりましたが、最近は特に人工知能(artificial intelligence/AI)について注目されていたり、すでに人工知能(artificial intelligence/AI)というサービスを提供している企業やサービスが増えておりますが、現時点では、完全とは言わないまでも、人工知能(artificial intelligence/AI)という言葉を使ったサービス自体を出すことは、少し早すぎるような気がします。

なぜならば、現在人工知能(artificial intelligence/AI)と呼ばれているものの多くは、結局は人間が時間をかけてビッグデータ(bigdata)を作って、その中から反応しているようなものが多いですからね。

しかし、簡単な例えば倉庫の荷物の仕分けをビッグデータ(bigdata)を作って人工知能(artificial intelligence/AI)のロボット(robots)に作業をさせるというようなシンプルな作業はすでに可能だとは思いますし、すでにそのようなものを運用している企業も多いことに関しましては、論理的には理解はできます。

特に日本語はとても素晴らしい言語で、難しい言語ですので、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)は特に開発することは難しいように個人的には感じる今日この頃です。

人工知能とバイアス(固定概念,偏見)の関係

コメントを残す