PMとAM

PMとはプロパティマネジメント(Property Management)の略。

AMとはアセットマネジメント(Asset Management)の略。

PM(Property Managementの略)プロパティマネジメント
不動産の資産価値を高めるための不動産の運営管理を行う業務で、主にAM(Asset Management/アセットマネジメント)から委託されることが多いです。
業務内容は、居住用物件やテナントのリーシングなどをはじめ、契約締結や毛ご契約者様やご入居者様の対応、建物の管理や保守、賃料の回収や管理など、定期的に所有者様や投資家の方たちAM(Asset Management/アセットマネジメント)に対して、運営管理状況の報告などをする業務のことを言います。
PM(Property Management/プロパティマネジメント)は、投資用不動産の所有者様や所有者様の資産管理代行業者であるAM(Asset Management/アセットマネジメント)会社から受託して行う管理業務のこと。PM(Property Management/プロパティマネジメント)の場合は、不動産投資家の方たちが集まった投資法人のケースも多いです。

AM(Asset Managementの略)アセットマネジメント
一般的には、不動産に限らず株式・債権などの金融資産の管理・運用を投資家に代行する業務のことを言います。
わたしたちの事業である、不動産事業に関することで言えば、投資家の方たちに代わって投資用不動産のPM(Property Management/プロパティマネジメント)などを行い、投資家の方たちに対して投資対効果の最大化を図ります。
AM(Asset Management/アセットマネジメント)は、広い意味では、投資用資産の管理を所有者様や投資家の方たちの代行として業務を行うことです。
そのほかにも、株式や債券などの金融資産の管理を代行する業務などもAM(Asset Management/アセットマネジメント)の一部です。

そのほかにも多数不動産の資産運世に関しましては多数ございますが、PMやAM以外にも下記のようなものなども…。

FM(Facility Managementの略)ファシリティ・マネジメント
不動産(土地、建物、構築物、設備等)の持っている資源(建物・設備・環境)を最大限に有効活用するために、その不動産の特徴や用途、目的などによってコストをできるだけ最小限に抑え、効果を最大にすることで、不動産の保有や賃借、運用などのための不動産の価値を向上させるための経営活動。

そのほかにもBM(Building Managementの略)ビルマネジメントと呼ばれ、不動産の所有者様や不動産投資家の方たちに代わりに、営業や経理、事務や対外交渉、収益の確保など不動産の経営全般の業務を行うものなどもあります。

資金を不動産に投資する金融商品の一つでもあるREIT(real estate investment trust/リート)ともかかわりが深く、日本では、J-REITと呼ばれる不動産投資に関する情報も公開されてはおります。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す