ドメインで遊んでみた☺

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)で遊んでみました。😅

最近のスタートアップ(startup)の方たちは、そんなにドメイン(domain name)を気にしていないようです。

それだけ技術的な自身があるのでしょう??

わたしたちは不動産会社ですが、不動産とは全く関係なく、トップレベルドメイン(TLDs)ではなく、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)で遊んでみました。
そもそもドメインが誕生して、もうティム・バーナーズ・リー(Tim Berners Lee)などがWorld Wide Web(WWW)やURLやHTTP、HTMLなどを生み出して何十年か経つので、もしかしましたら、世界中のどこからか天才が出てきて、ドメイン(domain name)自体の意味がなくなってしまうかもしれませんので、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)で遊んでみました。

ドメインが取得できるのかどうかということは考慮せずに、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)で遊んでみました。

.me(モンテネグロの国別コードトップレベルドメイン)。
➡follow.me(フォローしてね!!みたいな。)
➡call.me(連絡してね!!)
➡help.me(助けてー?!)
➡atari.me(あたりめ…イカ…)

.ne(ニジェールの国別コードトップレベルドメイン)
➡mata.ne(またね🤘)
➡kite.ne(来てね!!)
➡mi.ne(わたしのもの的な…)

.fj(フィジーの国別コードトップレベルドメイン)
日本人でしたらこれしかない!!
➡mt.fj(富士山)

ちなみに最近よく見るのは.ioや.la、少し前ですと.tvや.acや.usなどなど…。

どんどん新しいドメインがでてきていて、すでに高額取引されていたりもしているようです。

こんな感じで、本業の不動産事業が終わりましたら、一息つくために遊んでいたりします。😅
それでは。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す