お手軽にドローンレースを体験できるPARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)

トイドローン(Toy Drone)やDJIの空撮用のドローン(Drone)はすでの普及しています。

しかし、それでもドローン(Drone)のパーツ(Parts)はなかなか売っていることがなく、本格的なレース用のドローン(Drone)を操縦したいとなると、独自で専用パーツを作らなければ、レーシング用ドローンはなかなか制作できなかった。

そんな中、FPV(First Person View)搭載で、カメラに映し出された映像を観て操縦することができるレース用のドローン(Drone)PARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)が2017年10月末発送予定ですでに予約を開始しております。価格は¥21,800(税抜)。

720P画素のHDカメラを搭載し、バッテリーによる飛行時間は約10分で、操縦者から約100メートル離れていても操縦できる仕組みになっている。

空撮用のドローン(Drone)の操縦もおもしろいのですが、操縦していくと、ドローンレースに興味が出てきてしまっていたので、PARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)がどのくらいのスピード感なのかどうかなどの詳細はわかりませんが、早速予約をしてみよう。


PARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)概要
■Parrot Mambo 1台
■FPV カメラ 1台
■Parrot Cockpitglasses 2 1台
■Parrot Flypad 1台
■Power バッテリー 1個
■保護パーツ 4個
■USBケーブル 1本
■ユーザーガイド 1冊

Parrot(パロット)の公式動画や公式ツイッター(Twitter)アカウントや公式インスタグラム(Instagram)を。

Parrot Mambo FPV – Official Video

Here we go! Check the first showcase of Parrot Mambo FPV #MamboRacingClub

Parrotさん(@parrot_official)がシェアした投稿 –

When your Parrot Mambo turns into a #racing drone 🚩 Discover the Mambo FPV experience: link in the bio #MamboRacingClub

Parrotさん(@parrot_official)がシェアした投稿 –

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)