Oracle(オラクル)のbigdata(ビッグデータ)

Oracle(オラクル)のbigdata(ビッグデータ)

bigdata(ビッグデータ)とどうやってうまく付き合っていけばいけばよいのでしょうか??

まずは、みなさんも何気なく利用している方も多いとは思いますが、SNSサービスが良い例かもしれません。

SNSに自ら個人情報を提供している?!
スティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)の存在

つまり、何も知らない人たちは、楽しみながら、自分でSNSへどんどん個人情報を提供しているということです。

もちろん意図的に個人情報を収集しようとしているSNSサービスも今では多いでしょう。

しかし、こういった個人などの行動を否定することはできません。

なぜならば、そういった収集されたbigdata(ビッグデータ)から、今話題の人工知能(artificial intelligence/AI)やチャットボット(chatbots)などが作られているということが一つの要因かもしれません。例えば、Google(グーグル)やYahoo!などの検索エンジンやスマホやタブレット端末などをかざすだけでさまざまな言語を翻訳してくれるGoogle翻訳アプリのGoogle Word LensやOK GoogleやApple(アップル)のSiriなんかが便利になってきたのもbigdata(ビッグデータ)の影響は大きいと個人的には考えます。(本業ではないのですが…😅)
さらに、便利な社会にしたいということを望んでいれば、bigdata(ビッグデータ)や公開APIなどをうまく活用していくことは手かもしれません。

しかし、個人的に昔から気になっていた重要な方のことをすっかり忘れてしまっていて、最近投稿記事にアップした、スティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)のあらゆる提唱は個人的には非常に興味深いです。

スティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)

スティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)について詳しく知りたければ、スティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)Official Web Siteスティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)Wikipediaなどを見てください。

いずれにしましても、良いのか悪いのかということは省いて考えるとすれば、現時点でのビジネスという意味では、bigdata(ビッグデータ)は必要な気がしますが…🔗🔗

すでにbigdata(ビッグデータ)をどのように活用するのかということが世界を見れば、ビジネスになっていますからねえ…??

長々とすいません。本日は、Oracle(オラクル)のbigdata(ビッグデータ)をご紹介します。ちなみにOracle(オラクル)の公式動画でご紹介します。

組織でビッグ・データをどのように活用するかを学びましょう。

ついでに、先ほど最新のIBM Watsonが最新の動画を公開したようですので、IBM Watsonの最新動画(How to use Watson Conversation with Watson Discovery-IBM Watson)も貼り付けておきます。

How to use Watson Conversation with Watson Discovery-IBM Watson-video動画

コメントを残す