ニコニコ動画

今日本の企業で世界市場で戦える企業は限りなく少なくなってきています。

個人的にはメディアなどが一切見向きもしない中小の町工場にはとても魅力的な技術を持った企業はたくさんありますが、メディアは一切見向きもしない。

恐らく、スポンサーとしてメディアの利益にはならないからではないのかと個人的には推測してしまいます。

今メディアやジャーナリズムのあり方につきましてもさまざまな議論があります。

では、現時点で、世界を相手に世界中の大きな市場に勝てる日本企業はごくわずかではないでしょうか?

そんな中で、現時点で世界市場を相手に戦えるサービスの一つとして、ドワンゴが運営するニコニコ動画(niconico)は世界市場を相手に勝負ができる企業の一つのように感じます。

ニコニコ動画(niconico)がサービスを始めた頃からニコニコ動画(niconico)を観ておりますが、当初は偏った考え方の方の多いコミュニティーやオタクやギークのコミュニティーで、どうなのかなあと思いつつも様子をずっと見ておりましたが、日本の文化やニコニコ動画(niconico)、そしてニコニコ動画(niconico)ユーザーがうまくリンクをして今では日本が誇る世界に発信できるサービスの一つになっています。

さらにニコニコ動画(niconico)の影響を受けた世界のFounderも多い。

動画配信サービスと言えば、Youtube(ユーチューブ)が抜きん出ていて、vimeo(ビメオ)などもありますが、ドワンゴやニコニコ動画(niconico)のログイン方法や運営方法や自由度を変えれば、現時点でも閲覧数は多いのですが、やり方次第ではさらに成長すると個人的には感じます。

コメントを残す