世界一億万長者が言うモノから幸せを得ることはできない

ハーバード大学(Harvard University)でマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)とともに、Facebook(フェイスブック)を立ち上げた共同創業者(Co-founder)のダスティン・モスコービッツ(Dustin Moskovitz)は、現在、世界一若い億万長者の一人で、ほしいものは何でも買える経済状態にありますが、「モノから幸せを得ることはできない」と言っています。現在の暮らしは、当然ながら、一般的な方よりかは良いマンションではありますが、高級住宅でもなく、マンション暮らしで、自転車通勤、また、慈善団体に寄付しているために節約しているようです。

ダスティン・モスコービッツ(Dustin Moskovitz)の画像

Dropbox(ドロップボックス)CEOで共同創業者(Co-founder)のドリュー・ヒューストン(Drew Houston)曰く、道路を走るために高級車は必要なく、それよりもたくさんの人を支えるサービスを作るための自由と独立のほうが何十倍も大切だと断言しています。
右側がドリュー・ヒューストン(Drew Houston)で、RIPとは追悼を表すので、左側はドリュー・ヒューストン(Drew Houston)の恩師のAndy氏と思われます。

そして、Forbes(フォーブス)の長者番付(Rich Lists)の常連で、しかも常連と言いましても、十数年にわたりForbes(フォーブス)の長者番付(Rich Lists)のトップ3~10位内に位置するウォーレン・バフェット(Warren Buffett)は、有名な話しですが、世界一の大金持ちになっても、アメリカの田舎街で一般人と同じ家に住み、質素な暮らしをしています。

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)画像
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32
(引用:Forbes

わたしは、見たことのない世界ではありますが、能ある鷹は爪を隠すではないですが、わたしの尊敬する人物の一人Apple(アップル)の本当の創業者で、MacのルーツとなるAppleⅠ,Apple Ⅱを制作したし、本当のApple(アップル)のコアな人物でもあるスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)もあまり表舞台には顔を出してはいない。

スティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)画像

わたしたち一般市民でも言えるような気がします。
特に不動産の仕事をしていると、古い軽トラに作業着姿の方が実は資産家の方の場合が多い。
個人的な価値観であったり、一個人の人生によって形成されたものなので、否定はしませんが、高級車の所有者の方はある程度の社会的地位で止まってしまうというケースが多いように思えます…?

それに日本で言う、所謂良い企業に勤務をしている方がいるとしても、本当のその企業の中枢部の人間は正体を明かさない。
むしろその企業の子会社の社員の方たちが企業名をやたらと前に押し出してくるという場面を何度も見てきました。
わたしたちは、小さな企業です。

所謂今でいうところの外資系の大手企業や日系大手企業に勤務していたこともありますが、正直に現実をお話しすると、生活は困窮状態lolですが、それでも今は生きてきた中で、一番有意義で誇りを持てている自分がいるように感じます。

当然ながら、企業ですから、営利団体で、仲間たちと一緒に家族などの生活を支えていくだけの収入はないと困ってしまうということは本音ですが、最近いろいろなスタートアップ(日本で言うベンチャー企業)が次から次へと起業されている中で、お金の亡者になっている企業が多いように感じています。

仲間である社員たちをいろいろな形で悪い環境で働くような仕組みにしていまっている、ブラック企業みたいな企業も多く、非常に残念ではあります。しかし、その企業はその企業で、その企業を選んだのはその人ですので、わたしがどうこう言う権利はないとは思いますが…。
わたしたちはコツコツと最低限の生活とわたしとしては、夢があるので、夢のために努力しなければと改めて感じています。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す