Microsoftコーディング不要ツールローンチ

Microsoft(マイクロソフト)が、開発者向けツールPowerAppsとFlowを米国時間11月1日に一般公開します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

こちらは2016年9月30日にMicrosoft(マイクロソフト)が公開した

Build business applications with Power Apps, Microsoft Flow, and Office 365

PowerAppsはコーディング不要のウェブおよびモバイルの業務アプリケーション構築ツール。FlowはIFTTT(If This Then That)に似たビジネスプロセス自動化ツールとなる。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

モバイルアプリ開発を加速するMicrosoft(マイクロソフト)PowerApps
「ERP/CRM単独ソフトの時代は終わった」、Dynamics 365がまもなくGAへ

PowerAppsとFlowは「Dynamics 365」に含まれており、Dynamics 365の一部も11月1日に提供開始される。Dynamics 365の中核となる「共通データモデル」は当初、PowerAppsの一部だった。

Microsoft(マイクロソフト)は2015年11月にPowerAppsサービス(開発コード「Project Kratos」)を発表した。PowerAppsは、コードを書く知識のない企業ユーザーでもアプリを作成できるようにすることを目的としたものだ。

カスタム ビジネス アプリケーションの構築 | Microsoft PowerApps