LINE乗っ取り手口公開?!

メッセンジャーアプリLINE(ライン)のIDやアカウントの乗っ取り問題が注目されています?!

line%e3%83%ad%e3%82%b4

メッセンジャーアプリLINE(ライン)の乗っ取り手口が巧妙すぎて怖いとSNSなどで話題となっています。

LINE(ライン)の乗っ取り手口の一例といたしまして、今回のケースでは、最初に友人のアカウントから意外にもライバルのメッセンジャーアプリでもあるFacebook(フェイスブック)のインスタントメッセージで連絡が来るようです。LINE(ライン)詐欺はLINE(ライン)だからと言ってLINE(ライン)からメッセージで来ると思っていると危険です。
その他のメッセンジャーアプリからの連絡や詐欺の可能性もありそうですのでご注意ください。

被害者に友人のアカウントから届いたメッセージには「今大丈夫?」「私のLINEが凍結されているから、コンタクトリストの中の何名の友達の携帯検証で凍結しないといけない」「電話番号を教えてくれる?」というようなメッセージが来るそうです。文脈からしてましても、日本語が少々怪しいところから分かる通り、この知り合いや友人のLINE(ライン)アカウントはすでに業者に乗っ取られている状態のようです。

ちなみに、LINE(ライン)アカウントの乗っ取り犯が言う「携帯検証」とは、「携帯認証」のことかと推測され、「凍結しないといけない」は、LINE(ライン)アカウントの「凍結解除をしないといけない」の間違いでは…という推測だそうです。

電話番号を万が一教えてしまった方は、この後乗っ取り犯は自分のスマートフォンでLINE(ライン)に被害者の電話番号を入力したようで、電話番号を教えてしまった被害者の方は、スマートフォンに4桁の認証コードが届きます。そして、その後今回のケースの場合、以下のようなチャットでのやりとりとなったようです。

乗っ取り犯:検証コードは送信したよ。メッセージの四桁検証コードを見て。四桁検証コードをfacebook(フェイスブック)に送信してくれ。
被害者:****(認証コード)
乗っ取り犯:LINEのID教えてください!
被害者:これは詐欺かな?
乗っ取り犯:?
被害者:〇〇さんですよね?

今回のケースでは、認証コードを送ってしまった時点で手遅れで、既にLINE(ライン)アカウントは乗っ取られた後。

さらに、この後乗っ取り犯が取った行動がすさまじく、再ログインを連打され被害者のアカウントが凍結させられてしまいました。乗っ取り犯がログインに成功したため、すぐに被害者が再ログインしてパスワードを変えないよう規定の回数以上申請を送り、LINE(ライン)アカウント自体を使えなくしてしまったということです。

この後乗っ取り犯は認証番号を利用して、プロフィール画像と名前をなりすましたLINE(ライン)の新しいアカウントを作成し、被害者の友人などに、よくある“〇〇を買ってくれ詐欺”など、被害を拡大させていったようです。

被害者がLINE運営に連絡したところ、このなりすましアカウントは3時間程度で凍結されたそう。その後被害者の方のLINE(ライン)アカウントは新しく作り直すことになり、会話ログや友達は消えてしまいましたが、有料スタンプは復帰できたとのことだそうです。

(引用:ねとらぼ

注意)今回のケースのように、SMS認証番号は絶対に他人に教えないようにご注意ください!!

困った時にユーザー側としては、すぐにアカウントなどを管理している運営会社に連絡をして、抱えている問題をいち早く解決してほしいという心理が強いとは思いますが、LINE(ライン)の運営会社には直接、電話などでサポートをしてくれる窓口がなさそうでしたので、LINE(ライン)でお困りの際は、LINE(ライン)の運営会社であるLINE Corporation(ラインコーポレーション)へメッセージを送信することしかできないようで…。(仮にLINE(ライン)のサポートダイヤルがあったとしたら、もっと探しやすくしなければ…)

とにかく困ったり、怪しいと思ったらLINE(ライン)の運営会社LINE Corporation(ラインコーポレーション)にお問い合わせを…。

LINEお問い合わせフォーム

コメントを残す