LINEメールのチャットボットSwingBotをローンチ

LINEメールの送受信やタスク管理ができるチャットボットSwingBot(スウィングボット)をローンチ。

line%e3%83%ad%e3%82%b4

 

LINEのパーソナルアシスタントによって、ユーザーにとって重要度の高い情報を届けることが目的のものになる。

SwingBot(スウィングボット)の機能はLINEで直接メールの送受信をする機能と、タスク管理機能だ。

LINEで直接メールの送受信、タスク管理もGmailやキャリアメールを受け取ると、チャットボットがLINEで通知してくれる。メールアプリに移動することなくLINE上で直接メールに返信することも可能なようです。SwingBot(スウィングボット)をローンチしたBHI株式会社のCEOである日昔靖裕氏によれば、「チャット上で直接メールの送受信ができるのは、これが世界初」のようです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

QRコードの場合:LINEアプリを開き、設定 > 友達追加 > QRコードをクリック。スマホに現れた枠をQRコードに合わせると、友達として追加されます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

SwingBot(スウィングボット)からアカウント連携のリンクが届くのでクリックします。他の友達と同様にメッセージが届くと通知が届きバッチがつきます。「非表示」や「ブロック」も同様に利用できます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

連携させたアカウントのメールやカレンダー、Todo等をSwingBot(スウィングボット)がお届けします。連携後、「xxxを連携しました。」とメッセージが届きます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

SwingBot(スウィングボット)は重要なメッセージのみを判別しお知らせします。各メッセージには番号が振られており、「番号」のみ入力するとメッセージ全文を確認。「番号+返信」と入力して返信できます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

宛先、CC、送信元を確認します。一般的な返信と同様、自分が受信したアドレスがFrom、送信元がToにセットされます。ToやCCの編集は現時点ではできませんので、必要に応じSwingmail(スウィングメール)や、外部のメーラーを利用してください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

LINEの最新版では、メッセージの吹き出し部分で「キャンセル」「OK」が選択できます。「はい」「いいえ」と直接入力する場合と挙動は同じです。SwingBot(スウィングボット)では、タスク(Todo)の作成が可能です。姉妹アプリのSwingdo(スウィングドゥ)と連動しており、いつでも作ったタスクやカレンダーを一覧で確認できます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

SwingBot(スウィングボット)では、決まった日時が入っている”予定”、日時のない”タスク(Todo)”が分けて考えられています。「今日どうする?」と聞くと、カレンダーとタスク(Todo)を混ぜて回答します。「今日の予定は?」は予定だけ、「今日のタスクは?」はタスク(Todo)だけを回答します。「次何やる?」と聞くと、直後にやる予定を教えてくれます。回答内容は、SwingBot(スウィングボット)が選んだ今日の予定かタスク(Todo)だけで、明日以降のことは回答しません。「今後どうする?」と聞くと1週間先までのやることを答えてくれます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

重要なメッセージの一覧や、すべてのメール、連絡先一覧が確認できます。iPhoneとAndroidのアプリで提供しています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

Swingmail(スウィングメール)はメールやTwitterDM、アドレス帳を人単位でまとめます。Swingmail(スウィングメール)のコンタクト設定画面では、その人物に対して重要フラグ、ミュートフラグがあり、この調整をするとSwingBot(スウィングボット)側の通知をコントロールすることができます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

Swingdoはカレンダーやタスク(Todo)、返信忘れの候補などを一覧表示します。締切や作業時間、位置情報、ワークタイムなどから学習。やるべき順番にアプリがリコメンドします。SwingBot(スウィングボット)で作成したタスクは、Swingdo側にも反映され適切な順番に並び替えされます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

Swingdoでは、タスク(Todo)に対して位置情報を入力できます。その近くに行った時、ついでにやってみては?という具合に優先度が上がります。SwingBot(スウィングボット)側でもこの順番は反映されます。

ちなみにこのSwingBot(スウィングボット)は、Gmail, iCloud, Yahoo, Outlookの主要なフリーメール、ドコモメール等のキャリアメール、そしてTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)が一括管理ができるメールアプリで、どうやら競合でもあるslack(スラック)とも協力するようです?

どれどれ…早速試してみましょう!!

SwingBot(スウィングボット)のQRコードです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Swinbot

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す