LINEチャットボットの作り方参考動画

LINEのチャットボットの作り方を動画でご説明させていただきます。(※動画は限定公開ですので期間が切れ次第終了となります)

まず、LINE Messaging APIを使用してボットを作成するためには、メッセージングAPIが必要で、メッセージングAPIを使用するには、LINE@またはLINEの公式アカウントが必要です。

Create LINE@ Account この動画は限定公開です。

LINEのチャットボットを作成するには、まずLINEビジネスセンターへの登録が必要で、アカウントを持っている必要があります。

1.LINEビジネスセンターからMessaging APIというところにある「サービス」を選択。
2.Messaging APIを起動するして開始します。
3.LINE@アカウントの必須情報(アカウント名、ビジネスタイプ)を入力し、内容を確認。
4.LINE@マネージャーの「ボット設定」ページに移動します。
5.「ボット設定」ページを、クリックしてAPIを有効にします。

Enable Messaging API この動画は限定公開です。

1.所有のLINE@アカウントのページに移動して、LINEビジネスセンターへ
2.Messaging APIを使用して、スタートします。契約条件に同意が必要です。
3.LINE@マネージャの「ボット設定」ボタンを。
「ボット設定」で、APIを有効に。
4.手順に従って、作成したいチャットボットを設定をします。

ボットを設定していきます。

LINE@ Manager Configuration この動画は限定公開です。

1.LINE@マネージャーの「設定」の
2.応答メッセージのAPIを使用するにはWebhookを確認しなければいけません。
3.オプションの設定:
グループチャットに参加するには、オプションからユーザーのメッセージにカスタマイズされた応答メッセージを送信許可する「自動返信メッセージ」オプションなどを設定していきます。

チャネルコンソールへ

Channel Console Configuration この動画は限定公開です。

チャンネルコンソールからAPIにアクセスするためのチャネルアクセストークンを発行してもらいます。そして、WebhookのURLを設定し、ボットサーバのIPアドレスを登録することで、セキュリティを高めることなんかもできます。

最初は戸惑うかもしれませんが、いじっているうちにちょっと楽しくなってきますよ!!
ちなみに日本語ページもあります。
LINE developers

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す