LINEがLINE WORKSをローンチ

NAVER(ネイバー)の傘下メッセンジャーアプリLINE(ライン)と同じくNAVER(ネイバー)の傘下WORKS Mobile(ワークスモバイル)は、LINE(ライン)とシームレスに繋がるビジネスコミュニケーションツールLINE WORKS(ラインワークス)をローンチ。

社内や社外の取引先やお客様などとLINE(ライン)とLINE WORKS(ラインワークス)を使ってさまざまなやりとりができるようになる。

LINE(ライン)とLINE WORKS(ラインワークス)の連携でどのようなことが例えばできるのか…??

【LINEユーザーとのトークの活用例】

LINE(ライン)とLINE WORKS(ラインワークス)連携機能は、LINE(ライン)を利用している個人との接点がある企業であれば、業種を問わず様々なシーンで活用できるとうことです。

■例1:たとえばわたしたち不動産会社や保険会社の営業など

住宅の購入・賃貸検討や売買手続き、保険の提案や契約手続きなど、個人のお客様とのやり取りが頻繁に発生する業種です。商談の期間も長く、契約事務などの細かいやり取りが発生します。こういったやりとりを電話やメールで行うのは時間もかかり、行き違いなども発生しやすいもの。それをLINE-LINE WORKS連携を使い、チャットベースのやりとりにすれば、ちょっとした隙間時間に手軽に確認をすることができ、やりとりのスピードが向上します。また、不動産などの写真をトークで送ってすぐに見てもらうこともできます。契約後のフォローアップにも使うことができ、中長期的な顧客接点を保つのにも適しています。

■例2:ウエディングプランナー

結婚式までの限られた期間に、新郎・新婦からの要望に応え、多くの物事を手配して決める仕事です。時に頻繁な確認・連絡が発生し、スピード感や臨機応変な対応が求められることもあります。LINE(ライン)とLINE WORKS(ラインワークス)を使ってチャットでスピーディなやり取りを行いましょう。文字での会話だけでなく、トークで会場やドレス、ブーケなどの写真を送って確認することで、スピーディで確実なコミュニケーションができ、新郎・新婦の期待により応えられるようになります。

■例3:内定者・転職者との連絡

内定者は学業のかたわら、また転職者は通常は現職の業務のかたわら転職活動を行うため、連絡を取れる時間が限られています。また、周囲に話を聞かれることを避けるため、電話でなかなか話せないという場合もあります。面接の日程調整や結果連絡など、タイムリーに対応すべき連絡をLINE-LINE WORKSで行い、個々の相談ごとなどにきめ細やかに対応することで、優秀な人材を獲得できる確率が高まります。

取引先とはLINE WORKS連携でトーク

LINEユーザーとのトーク連携に加え、LINE WORKS(ラインワークス)を利用している外部のユーザーとのトーク連携も同時に提供されました。LINE WORKSを導入している取引先やグループ会社のユーザーとLINE WORKS(ラインワークス)上でつながり、メッセージやスタンプのやり取り、さらには無料音声通話やビデオ通話を行うことができます。

社内のコミュニケーションは改善できたが、社外の取引先や顧客とのやり取りがメールや電話となるため、連絡の遅れや業務のボトルネックになってしまう、という点を多くのお客様が悩まれています。

LINE WORKS(ラインワークス)間トーク連携は、このような悩みを解消します。社外の取引先や顧客が社内でLINE WORKSを利用していれば、社内と同じようにLINE WORKS(ラインワークス)でメッセージのやりとりを行うことができます。

トークの便利さを、社内だけでなく、企業間のやりとりにも導入しましょう。取引先とのトークでのタイムリーな連絡は、業務効率を大幅に向上させ、透明性を高めます。外注先の社員とのやり取りをトークで行うことで、他社であっても一体感が生まれ、同じ意識を共有することができます。

顧客企業とトークで気軽に会話を行い、密なやりとりを行うことは、関係性をより強化し、エンゲージメントの向上や顧客満足度の向上につながります。

※1対1のトークのみに対応しているようです。LINE WORKS(ラインワークス)連携機能を有効にするためには、管理者画面での設定が必要みたいです。

海外のメッセンジャーアプリを見てみると、Faebook Messenger(フェイスブックメッセンジャー)やSlack(スラック)なんかは、デベロッパー向けにさまざまなオープンデータを公開しているため、デベロッパー達も一緒にいろいろなサービスを公開しています。但し、デメリットは日本語対応しているものが少ないということです。

LINEは日本人向けアプリとしてはとても使いやすいという一方で、海外のメッセンジャーアプリと比較してみると開発やローンチが少し遅いように個人的には感じますが、いずれにしましても、便利にはあるということですね…??

ちなみにこちらがLINE WORKS各機能のご紹介動画です。

LINE WORKS各機能のご紹介動画


(参照:LINE WORKS

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す