もったいない

とある動画を観て、疑問を感じましたので。

そのとある動画の内容とは、韓国の方と思われる方が、日本の音楽は野球で例えるのであれば、草野球で、韓国の音楽はプロ野球だということを言われていたので、違和感を感じました。

その理由は、韓国の音楽はアメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)に入りはじめていて、世界に通用する音楽で、日本の音楽(J-POP)はアメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)には入っていないから世界に通用していないという理由でした。Hmm…。

世界に通用するという「世界」の基準とは果たして何なのでしょう??

K-POPのMV(ミュージックビデオ/Music Video)はとてもきれいですし、音もきれいです。

感性には個人差があるので、何とも言えませんが、例えばその動画の内容で、K-POPの多くは、音源、サンプリング(sampling)が完全にアメリカ合衆国(United States)の音楽(music)をそのままマネをしていたり、世界中で使用されているような良く聴くサンプリング(sampling)に感じることは多々あります。これはいろいろな国のアーティストにもよくある現象で、日本のアーティストでも同じことが言えることは多々あります。

アメリカ合衆国(United States)の音楽(music)についても言えることなのですが、何故か多くの曲が同じ音楽に聴こえてしまうことがよくあります。違うアーティストにも関わらず、同じ音楽を聴いているようで、非常に眠気を誘ってくれるので、眠れないときには重宝できます…。

世界の音楽などは、アメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)に入ることが一般的には良いというような風潮が未だにあります。育ってきた環境などにも影響はあるかとは思います。

日本の音楽は、アメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)に入らなくても、とても独特でオリジナリティーに溢れている音楽が多くあるように感じます。世間一般的には知られていないヨーロッパ(Europe)の音楽シーンで、非常におもしろいアーティストの方を見かけることも多いです。

アメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)に入れば、大きな報酬を得ることができるということは、否めません。しかし、アメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)に入ることが成功で幸せなのか…。Hmm…。

何故アメリカ合衆国(United States)の音楽(music)の真似をして、アメリカ合衆国(United States)に寄せていくのでしょう??どこかの良いものをヒントにすることは良いことだとは思いますが、そのまま完コピということが多いです。

日本の音楽(music)やダンス(dance)は非常に独特で、オリジナリティーに溢れています。確かにその動画の中で言われているように、日本の音楽がアメリカ合衆国(United States)のビルボードチャート(Billboard Charts)に入ることはあまりないです。アメリカ合衆国(United States)が世界を牽引している国の一つであることは、否めません。

しかし、日本のマンガ(manga)やアニメ(anime)、ファッション(fashion)やゲーム(game)が世界中からずっと注目をされているのはなぜでしょう。日本独特の表現で、他の国からは理解されないと思われていた、日本独特のオリジナリティーあるアイデアや発想(idea)が世界中の方達を魅了しているのはなぜでしょう??

世界中の有名人やセレブ(celebrity)は、日本の音楽(music)やダンス(dance)、ファッション(fashion)やゲーム(game)などの日本文化(Japanese culture)に注目をしている方が多いのはなぜでしょう…。世界中の多くの方達が、今のリアルタイムの日本の流行をチェックしに来たり、日本のポップカルチャー(Japanese pop culture)やストリートファッション(street fashion)のファッションアイテム(fashion item)をショッピング(shopping)をしに来るのはなぜでしょう??

世界中の今というリアルタイムの市場を理解し、把握しておくことは大切だとは思います。

先入観や偏見というバイアス(bias)によって自らの視野を狭めてしまっている方は多いです。

余計な先入観や偏見というバイアス(bias)によって自らの視野を狭めてしまうことはもったいない(mottainai)ように感じます。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す