IBMWatsonでチャットボット制作?!

わたしたちのコア事業は不動産事業です。

しかし、お客様により良いサービスをローンチしたく、いろいろなプログラミングなども試しております。

なかなか思うようなプログラム構築ができなくて…

ちょっと以前から触ってはおりましたが、IBM Watson(ワトソン)のチャットボット(チャットbot chatbots)も本腰を入れて試してみようかなと…

 


You’ve used the tutorials and guides above to build your first working chat bot. But don’t stop there. Are there ways you can enhance your chat bot?

One benefit of working with Watson APIs is that they all work together seamlessly. Extend your bot’s capabilities to spoken conversation using the Speech to Text and Text to Speech APIs. Make your bot empathetic with Tone Analyzer, which analyzes emotions in a user’s text and can be used to tailor chat bot responses accordingly. Or create a bot that can be a subject matter expert by using Retrieve and Rank, which enhances information retrieval with machine learning.

(引用:IBM Watson Blog

IBM Watson Conversation Service Overview

Watson Developer Cloud

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す