H&R BLOCKとIBMワトソンが提携をして税額控除を模索??

H&R BLOCKとIBMワトソンが提携をして税額控除を模索しているようです??

納税は国民の義務ですが、税金を支払うことは国民にとって痛手ということは否めないように感じます…。

それに税金に対してわからないことがあると財務状況に詳しい税理士のような税務の専門家の助けを求めなければならないのですが、複雑で時間がかかり、何よりも高額なコストがかかります。

そこでH&R BLOCK(H&Rブロック)とIBM Watson(IBMワトソン)が提携して、いわばビッグデータ(bigdata)から人工知能(artificial intelligence/AI)を作り出して納税手続きをスムーズにして、そして税金控除ができるものは控除できるような完全自動化した納税システムのプログラムを開発しているようです…。

納税手続きの多くは自動化できるものがいくつもあるようで、H&R BLOCK(H&Rブロック)は、ほとんどの人が実際に支払う税金はもっと少ないようで、控除できる税金の控除を最大限活用し、税金の払い戻し額を最大限にしようと模索しているようです…。

もちろん国などによって、税制システムなどには異なることは大前提です。

納税は国民の義務ですが、当然のことながら高額よりも少額のほうが家計などには助かることは否めません。

また、税金を納めていただく側の公的機関も納税システムを構築することで、さまざまな対応や人件費を抑えられるので、最終的には人件費というコスト削減で税金の納税額が下がるということはテクノロジー(Technology)の進化で自然な流れのように個人的に感じます…??

H&R BLOCK(H&Rブロック)Twitter(ツイッター)

IBM Watson(IBMワトソン)Twitter(ツイッター)

Online Tax Filing with H&R Block

コメントを残す