人気のYoutuberになる方法

直近のなりたい職業ランキング3位になった職業がYouTuber(ユーチューバー)。

個人的には、日本人や日本企業が世界で勝てなくなってきてしまっていることの一つに目標設定が低いと感じます。

個人的には、YouTuber(ユーチューバー)ではなく、YouTube(ユーチューブ)そのもののようなサービスを開発することを目指してほしいと思いますが、しかしYouTuber(ユーチューバー)になりたいとか実際にYouTuber(ユーチューバー)の方でも、もっともっと自分でこんなものやあんなことがあればと見つけるチャンスの窓口に成れれば良いのかなあと思おうところもあります。

さて、YouTuber(ユーチューバー)になるためには、まずはGoogle(グーグル)のアカウントを持っていなければいけせん。

そして以前はPCからYouTube(ユーチューブ)アカウントのクリエーターツールから自分で制作した動画をアップロードする方法でしたが、現在ではスマートフォンなどの携帯端末からYouTube(ユーチューブ)アプリをダウンロードすれば、スマートフォンなどの携帯端末からオリジナルコンテンツのアップロードは可能です。その動画を収益化することで、広告が表示され、広告がクリックされれば、収益に繋がるというシステムがほとんどでしたが、この手法は現在ではほとんど収益にはなりません。

本気でYouTuber(ユーチューバー)に成りたいのであれば、YouTube(ユーチューブ)に魅力的な動画をアップロードすることも大切ですが、YouTube(ユーチューブ)の約15問のYouTube(ユーチューブ)クリエーターズ認定試験がありますので、それに合格をすれば、広告のクリック数ではなく、魅力的なコンテンツを制作し、閲覧数が増えれば、スポンサーがついてくれ、アップロードしたコンテンツの前にスポンサーの広告動画が流れることで、コンテンツの表示回数が多ければ多いほど収益が得られるので、しっかりとした一般ユーザーのニーズを掴んだコンテンツを制作していく必要があります。

詳しくは、YouTube(ユーチューブ)の基礎の基礎を教えてくれるYouTubeクリエーターズアカデミーとYouTubeヘルプを良く熟読してください。

また、独自のコンテンツをアップロードするためには、題名も重要なので、それはGoogleアナリティクスなどのツールなどでキーワードをチェックすることも手段の一つだと思います。

個人的には、YouTuber(ユーチューバー)という入口から、YouTube(ユーチューブ)のような大元の新しいサービスを開発してくれる方になって、日本をまた盛り上げてくれるような人材になってくれる方が増えればよいなあということを望みます。
ちなみにわたしたちは、目立つことが好きではないので、YouTube(ユーチューブ)などの動画共有サービスは活用しますが、YouTuber(ユーチューバー)にはなりません。
YouTubeクリエーターズアカデミー
YouTubeヘルプ

コメントを残す