iPhoneのいろいろなカメラ撮影方法

独自調査ですが、日本人の多くは、アップル社(Apple)のアイフォン(iPhone)やiPad(アイパッド)を利用していることがわかりました。

日本人の特徴としましては、一度良いと思った製品を長く愛用し続けるという傾向にあると考えます。

安さだけではなく、アフターサービスなどを重要視する方も多いです。

そんな日本で多く利用されている携帯端末、アップル社(Apple)のアイフォン(iPhone)の撮影方法についてアップル社(Apple)の公式動画を貼り付けます。

最新の動画になるので、iPhone7でのカメラや動画の撮影方法になりますが、一部機能では、iPhone5や6などでも利用できるかもしれません。

意外と有料アプリなどの画像編集アプリ(app)や動画編集アプリ(app)を使わなくても、おもしろい画像や動画を撮影できる方法を知らない方が多いようでしたので、アップルジャパン社(Apple Japan)が公開している公式動画を貼り付けます。

ポートレートモード。ちなみにこのカメラを起動させてカメラ画面の下部をビデオにすれば動画を撮影でき、スローというところにスライドさせればスローモーション動画の撮影ができ、タイムプラスというところにスライドをさせて撮影をすると早送り動画が撮影できます。一応基礎ですが、知らない方が多いようですので。また、たまに写真というアイコンをタップしてアルバムを選択して最近削除した項目から削除した写真や動画を完全に削除していない方が多いようで、削除したつもりの写真や動画が完全に削除されていないために、クラウドを無駄に使用してしまっていたり、スマホの動作を遅くさせる要因にもなる場合もありますので。また、撮影した写真や画像などに文字を書いたり、エフェクトで明るさ調整や写真、画像をおしゃれに加工もできますので。意外と機能を無駄にしてしまっている方が多いようでしたので。

iPhone 7でセルフィーを編集する方法

iPhone 7でタイマーを使ってセルフィーを撮影する方法

iPhone 7で片手でセルフィーを撮影する方法

iPhone 7で力強くシンプルな写真を撮影する方法

iPhone 7で動く被写体を撮影する方法

iPhone 7 Plusでズームを使って撮影する方法

iPhone 7で夕日の中のシルエットを撮影する方法

iPhone 7でフラッシュを使わずに撮影する方法

iPhone 7でビデオを撮りながら静止画を撮影する方法

iPhone 7で縦のパノラマ写真を撮影する方法

iPhone 7で水平線を撮影する方法

iPhone 7で逆光の被写体を撮影する方法

iPhone 7でメモリーをカスタマイズする方法

ここからはiPhoneユーザーの画像や動画です。