Googleに不適切なコンテンツを報告する方法

インターネット(internet)の普及などで、インターネット(internet)によるさまざまな問題が社会問題となっております。

インターネット(internet)などに多少精通している方でしたら、良いのですが、あまりインターネット(internet)に詳しくない方でも、簡単な方法でGoogle(グーグル)に問題を報告することができます。

但し、判断するのはGoogle(グーグル)しましますので。

こちらに書いてあることは、そこまでインターネット(internet)などに精通していなくても、多少インターネット(internet)やPC、スマホなどに精通している方でしたら、割と簡単にGoogle(グーグル)が不適切だと判断した場合には、コンテンツを削除させるか、Google(グーグル)のアルゴリズム(algorithm)からそのウェブサイト(website)を検索結果などでも表示されないようにしてくれます。

これはGoogle(グーグル)自体も自社だけでは現時点では、なかなか管理しきれないようで、困っているようですので、双方にとってよいのかもしれません??

しかし、判断するのはアメリカ合衆国のGoogle(グーグル社)です。Google(グーグル)の判断になります…。

ざっくりとわかりやすいGoogle(グーグル社)への問題がありそうな、または不適切だと思われるウェブサイト(website)コンテンツなどを簡単に報告できる方法をざっくりエントリー。

まず、誰でも簡単にできる方法は、Google(グーグル)を利用している方なら非常に簡単です。

例えば仮に今回は「Google」と検索をしてみました。

そうしますと、Google(グーグル)の検索結果の一番下の方まで行ってください。そうすると下記画像にあるように、赤枠内の「フィードバックを送信」というところから問題のある不適切なコンテンツを報告できます。

この「フィードバックを送信」を押すと下記画面のようなものが表示されます。使い方が慣れていなければ、使い方がわからないかもしれませんが、検索結果に表示されている問題のありそうな、または不適切なコンテンツだと思われるものを囲うことで、Google(グーグル)に問題を報告することができます。その際に、下記画像内にもあるように、問題点などを記入する必要があります。

この他にもGoogle(グーグル)へ問題があるとか不適切なコンテンツと思われるものを報告できます。
例えばこちらです。

また、Google(グーグル)の利用規約やプライバシーポリシーに反するものであれば、法的削除リクエストも行うことができます。

このようにGoogle(グーグル)が問題があるコンテンツや不適切なコンテンツと判断した場合には、Google(グーグル)に情報の削除を求めることもできます。

あとは、Google(グーグル)のサーチコンソール(Search Console)からも報告することができます。

このように下記画像のGoogle(グーグル)ヘルプ(help)ページという総合ページのようなものがございますので、そちらのリンクも貼り付けておきます。

Googleヘルプ

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)