フリーメーソン入会条件

以前フリーメーソン(Freemasonry)の記事を書いたのですが、記事が飛んでしまったので、改めて投稿lol
あとは、たまたまフリーメーソン(Freemasonry)に関する情報をメディアでやっていたので再投稿します。
ちなみにフリーメーソン(Freemasonry)の起源は、伝説によるとエルサレムのソロモンの大神殿を建設した建築家達に遡るといようです。ただし、フリーメーソン(Freemasonry)については未だに謎が多いので、真実は…。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

フリーメーソン(freemason)が、最初に歴史の記録に現れるのは、1378年にカンタベリー大主教が出した勅許状で、少なくともこの時代には存在していたことが分かっています。そして、フリーメーソン(Freemasonry)の起源は、1276年に神聖ローマ帝国がストラスプールの大聖堂の建築に携わる石工職人のギルド(同業組合)に労役と税金を免除したことが始まりだと言うのが定説となっています。ですからフリーメーソン(Freemasonry)のルーツである、当時建築に携わっていた石工職人がしようしていたコンパスなどがフリーメーソン(Freemasonry)のシンボルマークとなっています。

現在さまざまな形でフリーメーソン(Freemasonry)は、全世界に存在し、その会員数は約600万人を超え、ここ日本にも意外と知られていない数のフリーメーソン(Freemasonry)のロッジが存在しています。

フリーメーソン(Freemasonry)の会員の多くは、15万人はスコットランド・グランドロッジやアイルランド・グランドロッジの管区下に、25万人はイギリスのグランドロッジに、約200万人はアメリカ合衆国のグランドロッジに所属しています。

フリーメーソン(Freemasonry)とは厳密には各個人会員の事を指しており、団体名としては英語での呼び名が主に主流で、 Freemasonry(フリーメイソンリー)、フランス語ではFranc-maçonnerie(フランマソヌリ)、イタリア語ではMassoneria(マッソネリア)、ドイツ語ではFreimaurerei(フライマウレライ)、ロシア語では Масонство(マソンストヴォ)などと呼ばれています。

ちなみにフリーメーソン(Freemasonry)の日本本部の場所です。GRAND LODGE OF JAPAN FREE AND ACCEPTED MASONS

フリーメーソン(Freemasonry)に加入したとされている著名人。

ベートーベン
ジョージ・ワシントン
ビル・ゲイツ
ジョージ・ブッシュ

ちなみにフリーメーソン(Freemasonry)に加入されていたとされる日本人

西周
津田真道
林董
後藤新平
高橋龍太郎
河井彌八
佐藤尚武
鳩山一郎
笠井重治
加納久朗
星島二郎
東久邇宮稔彦
堀内貞一
東ヶ崎潔
三島通陽
村山有
藤山勝彦
沢田教一
高須克弥

フリーメーソン(Freemasonry)に加入したと噂されている日本人。

坂本龍馬
岩崎弥太郎
福沢諭吉、
新渡戸稲造

最近ですと、力道山や小泉純一郎元首相もなんて噂が…

フリーメーソン(Freemasonry)の入会方法は?

・成人男子の事
(女性は入会できないようです)
・何かの信仰を持つ事(何かの宗教に入る事ではないようで、神やそれ以外の崇高な存在を信じる心があれば大丈夫なようです。)
・2人の会員による推薦が必要。
・定職・安定した収入があること
・ロッジへ年会費を払うこと

フリーメーソン(Freemasonry)の入会までの流れは?

1.面接
2.月例会での審査
3.投票
4.賛成多数になって初めて会員候補者となる
5.正会員になるための3つの階級を進む

Freemason Ritual Video – The AIF Memorial Lodge

個人的には、フリーメーソン(Freemasonry)に興味はありますが、結局ちょっとした裕福な思想家集団のようなイメージも受けてしまうところは正直な意見ですが…

わたしたちは、テクノロジー関係にも興味があり、元お笑い芸人のハローバイバイ関暁夫の言っていることは「なるほど」と思うことや「おもしろいな」とは思いますが、Siriに話しかけてはいけないことなどを聞くと、ちょっとSiri自体が音声認識や人工知能ではすでにテック業界では、遅れをとっているので、言っていることはおもしろいのですが、少し信憑性が欠けてしますが、まあおもしろいですよね。
GRAND LODGE OF JAPAN FREE AND ACCEPTED MASONS

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す