HONDAが人工知能研究所を東京に集約

HONDA(ホンダ)が新しい人工知能(artificial intelligence/AI)研究センターを設立します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

来年始めに活動を開始するHONDA(ホンダ)の人工知能(artificial intelligence/AI)研究センターは、この分野の研究開発に特化する。新センターは、シリコンバレー、ヨーロッパ、および日本に分散しているHONDA(ホンダ)の人工知能(artificial intelligence/AI)チームを、東京中心部の一箇所に集めるようです。

この統合は、感情を持つ自動車などのHONDA(ホンダ)の人工知能(artificial intelligence/AI)製品を商品化し、TOYOTA(トヨタ)らのライバルに遅れをとるまいとする計画の一環のようです。

なぜHONDA(ホンダ)の人工知能(artificial intelligence/AI)チームが東京で行うことを決断したのかの理由として、自動運転技術の開発を進める上でHONDA(ホンダ)の自動車部門の近くにいる方が良いことに加え、HONDA(ホンダ)がシリコンバレーに匹適すると考える日本の人工知能(artificial intelligence/AI)専門家らへの期待があるようです。

しかし、日本の人工知能(artificial intelligence/AI)の専門家に聞くことは良いのですが、人工知能(artificial intelligence/AI)の分野では、日本は少し後手です。もう履歴書なんて必要のない世界です。

今、世界のさまざまな企業はやはりコスト競争ではなく、品質であると改めて関じはじめ、改めて日本の文化や、日本人の細かな技術や開発力を求め、日本企業との提携を強めています。

そして何よりもMade in Japanというだけで世界が認知してもらえる安全性や信頼性です。

国内外で人工知能(artificial intelligence/AI)に長けている人物を探す必要性があるのでは?

また、日系の大手企業は今では海外の企業と比較すると腐敗しています。製品を購入してもサポートのコールセンターなどは有料で、長い時間待たされた挙句に雑な対応…過去の栄光などは全て捨て、いったい自分が本当にやりたいものは何なのかをしっかりとみつめてほしいです。

今回は、東京に人工知能(artificial intelligence/AI)研究センターを作るということですが、海外の拠点も集約ということなので、海外の方も来られると思いますが、わたしが思っているだけか、ここ日本は絵画と比較したら、人工知能(artificial intelligence/AI)について詳しい有能な人材は本当にごく少数です。しかし、HONDA(ホンダ)の人工知能(artificial intelligence/AI)チームを応援したいです。

ようやく海外の企業も日本の技術などを盗んだ韓国や中国などへ向いて行き、コスト削減でやってきましたが、底が見え、結局は日本人の技術力や正確性という安心や安全を求めて、帰ってきましたね。

コメントを残す