ひふみんこと加藤一二三棋士のTwitterが凄い

個人的に小さな頃から将棋が大好きです。

将棋が好きな方は多いのですが、将棋棋士藤井聡太棋士の登場でメディアからも注目を集めています。

そんな中、昨日の対局で負けてしまったひふみんこと加藤一二三棋士のTwitter(ツイッター)の反応が凄い!!

さらに昨日の対局で負けてしまいTwitter(ツイッター)アカウントの名前が変更し、加藤一二三@皆様に感謝申し上げますという言葉に変わっています。

ひふみんの愛称として今では知られておりますが、実は将棋界で多くの記録を残している凄い将棋棋士です。

勝負の世界なので、負けてしまえば終わりという厳しい世界の中、63年という長いプロ将棋棋士生活を送ってきたことは凄い。

例えば野球で言えば、ホームラン王などに注目が集まり、そういったことも凄いことですが、日本で言えば、衣笠選手などのように連続出場記録や世界一の連続試合出場数を誇るカル・リプケンのように加藤一二三棋士は、通算対局数は歴代1位。これは勝敗は別にして、それだけプロでいられたということだけでも凄いですし、周りの方の多くのサポートもあったことでしょう。

昨日の対局で負けてしまった時の去り際もかっこよかった。これは時代の流れなので、将棋も進化しているというように受け入れたのでは??

加藤一二三公式チャンネルでは引退する将棋棋士に対して温かいお言葉も。

現在77歳のひふみんこと加藤一二三棋士ですが、すでにいろいろなところからの出演依頼も殺到のようで、さまざまな企業からのオファーもすでに殺到しているようです。何よりも加藤一二三棋士の将棋対局の解説が見たい。

天才棋士と言われている最年少将棋棋士藤井聡太棋士も加藤一二三棋士に対して、「生涯棋士だ」と称賛。

加藤一二三棋士はカトリックで、Twitter(ツイッター)にも投稿しているように10歳の時に将棋の新聞記事を目にし14歳7ヶ月でプロデビューし、奥様紀代様と共に1男3女の4人のお子様も将棋で育てられております。加藤一二三棋士は、聖シルベストロ騎士勲章を与えられおり、棋士であるだけでなく騎士でもある。洗礼名はパウロ、好きな聖歌は「ごらんよ空の鳥」だそうです。

プロとして最後の対局になってしまった加藤一二三九段vs高野智史四段の対局でもニコニコユーザからも多くの応援の声が。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です