Call us : 045-507-8843

Hours : 10:00am-19:00pm (休日:水曜日ほか)

Mail to : info@aike-home.com

📩でのお問い合わせはこちらから⇩

お問い合わせはコチラから

GoogleWeb制作ツールが全面リニューアル

Google(グーグル)の生産性ツールの中でGoogle Sites(グーグルサイツ)は長年「忘れられたサービス」になっていました。そして、長期間にわたる放置後、今年始めにGoogle(グーグル)はGoogle Sites(グーグルサイツ)を全面的にリニューアルする計画を発表した。Google Sites(グーグルサイツ)はベータ・テストを終了し、一般ユーザー向けに公開された。

Google Sites(グーグルサイツ)はWeb制作が非常にシンプルで、簡単にいえばドラグ・アンド・ドロップでウェブサイト構築できるツールです。

 

Sites GA GIF

個人的には、Google(グーグル)ともあろうサービスがなぜほかのGoogle(グーグル)とうまく連携をしてこのようなWebサイト構築に力を入れなかったのかは、理解ができない。Google(グーグル)には、さまざまな魅力的なサービスやツールを持っています。なぜ、Google Sites(グーグルサイツ)では、うまくGoogle(グーグル)の強みを出さなかったことがかえって不思議なくらいです。

Google Sites(グーグルサイツ)で制作されたWebサイトはインターネットに公開することもできる、組織内でプライベートに利用することもできます。当然ながら他のGoogle(グーグル)のサービスとの相性も良いようです。

たとえばGoogle(グーグル)ドライブのドキュメント、スライド、スプレッドシートなどを簡単にドロップすることができる。G Suiteのさまざまなサービスも含まれるようです。またGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)ともデフォルトで連携している。Google Sites(グーグルサイツ)で制作した新しいWebサイトでは複数のユーザーによる共同編集が可能になった。これにはGoogle(グーグル)ドライブの生産性ツールの共同編集のテクノロジーが使われており、機能もほぼ同様だ。

管理者はユーザーがサイトをインターネットに公開できるかドメイン内のみ公開できるかを選択して権限を与えることができる。

The new Google Sites (:90)

あとは、実際にGoogle Sites(グーグルサイツ)をちょっといじってみて使えそうなツールでしたら活用すれば良いかと思います。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

Translate »