GoogleVoiceアップグレードでさまざまな市場席巻?!

Google Voice(グーグルボイス)がアップグレード。

Google(グーグル)と言えば、今やインターネットやさまざまな事業を牽引する企業。

そんなGoogle(グーグル)は、じわじわさまざまな市場席巻の基礎を固めている。

Google FiberでNTTは?!

Google(グーグル)Twitter(ツイッター)

Google Fiber(グーグルファイバー)Twitter(ツイッター)

今回のGoogle Voice(グーグルボイス)のアップグレードはその足掛かり??

今回は、Google(グーグル)を例えましたが、実際には、Google(グーグル)は歴史的には1998年に公になりましたが、ドメインは1996年に取得と、ドメインから言えばオールドドメインの種類にはなりそうですが、想像よりは他の企業から見ましても個人的な見解としましては、まだ浅い企業では?

それでもこれから起業しようとしている方たちや若い世代の方たちでも、やりたいことや思いついたことをビジネスなどにして、ここまで大きな企業にしていることは凄い?!

ちなみにGoogle(グーグル)の創業者はラリー・ペイジ(Larry Page)とセルゲイ・ブリン(Sergey Brin)たちです。

最近は、Twitter(ツイッター)で架空の人物を装う方が多いので…。

ラリー・ペイジ(Larry Page)とセルゲイ・ブリン(Sergey Brin)の画像です。左:ラリー・ペイジ(Larry Page)右:セルゲイ・ブリン(Sergey Brin)

ラリー・ペイジ(Larry Page)画像

Larry Page

セルゲイ・ブリン(Sergey Brin)の画像

Sergey Brin

Google(グーグル)は、さまざまなことを行っておりますが、世界中にはいろいろな方たちがおりますので、今は大きな企業と言ってもよい
Google(グーグル)も走り続けています。

個人的に思うことは、起業する方たちも多いのですが、ノルマやお金のためにお客様を大切にしない企業が多いことを懸念します。

なぜシンプルなことができないのか?なぜビジネスとしてシンプルに本当にお客様の立場に立って本当に考えることができないのか?

わたしたちは小さな企業で、将来はどうなるのかわかりません。

しかし、小さい企業とか大きい企業とかはあまり関係ないような気がします。

もちろん非営利団体ではないので利益は大事ですが、あまり多くを求めず、シンプルにお客様の立場に立って考え、常に謙虚で学ぶことを実行することが大切なような気がします。

なぜならば、世界中の人たちが何かの消費者ですからね。

わたしたちは、社会的に見れば、小さな起業したばかりの小さな企業。Startup(スタートアップ)ですが、これくらい小さな企業のままで良いように感じることがあります。

そしてわたしたちも目指しているビッグデータ(bigdata)などを収集した、お客様にご提供できるような人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を搭載したロボット(robots/robotics)がディープラーニング(deeplearning)して完全自走運転自動車(selfdrivingcar)にわたしたちが乗車して、お客様と楽しく会話しながら物件のご案内をすれば良いのかなあと現時点では思います。

VRなどのテクノロジー(technology)の進化で、現地に行かなくても物件を見なくても良い時代も近いとは思いますが(実際にすでにSkypeやメッセンジャーアプリなどのテレビ電話で物件をお申し込みをされる方も多いのですが…)、結局はアナログですが、実際に現地の行って、環境を感じることは大切だとも考えております。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す