GoogleMapで過去の地図を見る方法

GoogleMaps(グーグルマップ)で過去の地図を見る方法をお教えします。

このGoogleMaps(グーグルマップ)の機能を有償で提供しているサービスもありますが、GoogleMaps(グーグルマップ)で無料で過去の航空写真や昔の地図や画像を表示させることができます。

まずは、GoogleMaps(グーグルマップ)を開きます。

今回は適当に渋谷駅にアクセスしてみます。

こちらが渋谷駅のGoogleMaps(グーグルマップ)です。

そしてGoogleMaps(グーグルマップ)のストリートビューを活用していきます。

適当にGoogleMaps(グーグルマップ)の右下にあるペグマンを見たいところにドラックアンドドロップします。

ちなみにペグマンは、下記画像で赤い丸印で囲んでいるオレンジ色の人のマークをペグマンと言います。

適当にペグマンをドラックアンドドロップした場所がコチラです。

そしてこの画像の左上にあるこのような時計アイコンがあると思います。

GoogleMaps(グーグルマップ)のストリートビューの画像で赤く囲っている場所に時計アイコンがあると思います。

GoogleMaps(グーグルマップ)のストリートビューの左上の画像を大きく表示させるとこのような感じです。

この時計アイコンをクリックすれば、このような画面になります。ここで年数は限られておりますが、見たい年数を選択すれば過去のGoogleMaps(グーグルマップ)に記録されている過去の地図を表示できるようになります。

ちなみにこちらがこのGoogleMaps(グーグルマップ)の過去の地図を表示したストリートビューです。

こちらは2009年のGoogleMaps(グーグルマップ)の画像です。

こちらは2016年のGoogleMaps(グーグルマップ)の画像です。

わたしたちは、不動産という仕事柄たまにこのこんな感じで、GoogleMaps(グーグルマップ)のストリートビューを活用したりしますが、プライベートで世界中の過去の地図なんかを表示させたりして遊んだりもしています。🌏

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です