Googleが求人サイトをローンチ

Google(グーグル)が密かに求人サイトGoogle hire(グーグルハイアー)を公開!!
すでに、Google hire(グーグルハイアー)では、ログインできるようになっています。

indeedなどの求人情報キュレーションメディアの急成長の中で、Google(グーグル)の求人サイトGoogle hire(グーグルハイアー)はどこまでの求人市場を確保できるのでしょうか??

すでにGoogle hire(グーグルハイアー)に参加を決めている雇用主も多いようで、雇用主の中には、世界のトップ企業も名前を連ねているようです。

ちなみにGoogle hire(グーグルハイアー)に求人情報を掲載することで、人材を求める雇用主側は、Google hire(グーグルハイアー)を活用することで、エントリーしてきた人材の情報を管理することができるようです。

2015年11月のGoogle Official blogで情報公開されていた、Google(グーグル)が買収したスタートアップ(startup)Bebopのウェブサイトには、Google hire(グーグルハイアー)へ飛ぶようなリンクも付いており、日本で知られているFacebook(フェイスブック)と求人情報の機能を兼ね揃えたLinkedInやOracle(オラクル)などは、強力なライバルが現れてきたことになりますが、これからは、優秀な人材が必要なため、いかに優秀な人材を確保することが大切なのかということを物語ることになるように感じます。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す