Googlefontsの使い方。WordPressプラグインで設定する方法

最近はおしゃれなWebサイトが増えております。

WordPress(ワードプレス)でもいろいろなプラグイン(Plugin)が増えておりますので、わりとWordpress(ワードプレス)に慣れている方などは発リンクは出てしまうというSEO的には少しもったいないような気もしますが、特に最近ですと、フォントへのこだわりがある方も多く、その多くの方はGooglefonts(グーグルフォント)を活用しております。

wordpress%e3%83%ad%e3%82%b4

では、Wordpress(ワードプレス)プラグイン(Plugin)で、Googlefonts(グーグルフォント)を設置する方法をざっくりお知らせをします。

簡単に設置できるのはお好みにもよりますが、簡単に設置できるのは下記のGoogle fonts plugin(グーグルフォントプラグイン)

ではないでしょうか。

Google Fonts Official

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

最近流行りなのは、Quicksandです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

Google Font

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

Google Fonts For WordPress

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

Google Font Maneger

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

Disable Google Fonts

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

現時点でダウンロード数が多いのは、Disable Google Fontsですが、初心者の方へはフォント数は少ないので、Google Fontが良いのでは。しかしSEO的なことも考えていただければと。

フォント一つでもWebサイトやスマホサイトのユーザーの好みがありますが。

WordPress(ワードプレス)プラグイン(Plugin)からGooglefonts(グーグルフォント)を活用する場合は設置はほとんど簡単ですが、

Googlefonts(グーグルフォント)を利用するには、最低限以下の3手順が必要になります。スタイルシートをいじれる方は、ご自身で設定する場合があることもよくございますので。
1.使用するフォントを選ぶ
2.テーマでCSSを呼び出す
3.CSSにスタイルを書く

ちなみにGoogle(グーグル)から直接Googlefonts(グーグルフォント)を取得されたい方は、header.phpの<head></head>の間に必要なソースコードをいれたり、style.cssなどの先頭に@importタブにあるあとに必要なソースコードを挿入したり、取得したCSSで、Google Fontsで表示されていたプロパティーと値をいれたりと、ちょっとした作業がありますので、まずは、ご自身でチャレンジしてみては?何よりもやはりいじるのが先です。

万が一のために、元のスタイルシートがバグっても大丈夫なように元のCSSはどこかに保存しておいてください。

また、WordPress自体のアップデートで互換性がなくなる場合もありますので…

Google Fonts

 

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です