GoogleChromeシークレットモード

GoogleChrome(グーグルクローム)がシークレットモードを強化。

以前であれば、一般的には、PCやスマートフォンなどでInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)をご利用されていた方も多いのでは??

しかし、最近では、GoogleChrome(グーグルクローム)を活用されている方が増えております。

特にデベロッパー(developer)の方はGoogleChrome(グーグルクローム)を使われている方が圧倒的に多いように個人的には感じます。
用途によりましては、Mozilla Firefox(モジラファイアーフォックス )などを活用されている方も多くいらっしゃるとは存じますが。

好みの問題だとは思いますが。

GoogleChrome(グーグルクローム)がシークレットモードを強化。よりプライバシーなどを強化。

GoogleChrome(グーグルクローム)を新しいタブで開くとこのような画面が出てくるように。

シークレット ウィンドウを開く
パソコンの Chrome で閲覧履歴が保存されないようにするには、シークレット ウィンドウを開きます。シークレット モードのウィンドウと、他に開いている通常のウィンドウを切り替えることもできます。シークレット モードになるのは、シークレット ウィンドウを使用しているときだけです。

Chrome を開きます。
画面右上のオプションアイコン
シークレット ウィンドウを開く
パソコンの Chrome で閲覧履歴が保存されないようにするには、シークレット ウィンドウを開きます。シークレット モードのウィンドウと、他に開いている通常のウィンドウを切り替えることもできます。シークレット モードになるのは、シークレット ウィンドウを使用しているときだけです。

  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上のオプション アイコン その他 次へ [新しいシークレット ウィンドウ] の順にクリックします。
  3. 新しいウィンドウが開きます。上部の隅に、グレーのシークレット アイコン シークレット モード が表示されていることを確認します。

キーボード ショートカットを使ってシークレット ウィンドウを開くこともできます。

  • Windows、Linux、Chrome OS の場合: Ctrl+Shift+n キーを押します。
  • Mac の場合: ⌘+shift+n キーを押します。

シークレット モードを終了する
シークレット モードは、通常の Chrome のブラウジング セッションとは別のウィンドウで実行されます。シークレット モードを終了するには、すべてのシークレット ウィンドウを閉じます。

  1. シークレット ウィンドウを表示します。
  2. ウィンドウの隅にある閉じるアイコン 閉じる をクリックします。
    • Windows、Linux、Chrome OS の場合: アイコンはウィンドウの右上にあります。
    • Mac の場合: アイコンはウィンドウの左上にあります。
[新しいシークレット ウィンドウ] の順にクリックします。
新しいウィンドウが開きます。上部の隅に、グレーのシークレット アイコン シークレット モード が表示されていることを確認します。
キーボード ショートカットを使ってシークレット ウィンドウを開くこともできます。

Windows、Linux、Chrome OS の場合: Ctrl+Shift+n キーを押します。
Mac の場合: ⌘+shift+n キーを押します。
シークレット モードを終了する
シークレット モードは、通常の Chrome のブラウジング セッションとは別のウィンドウで実行されます。シークレット モードを終了するには、すべてのシークレット ウィンドウを閉じます。

シークレット ウィンドウを表示します。
ウィンドウの隅にある閉じるアイコン 閉じる をクリックします。
Windows、Linux、Chrome OS の場合: アイコンはウィンドウの右上にあります。
Mac の場合: アイコンはウィンドウの左上にあります。

シークレット モードでプライベート ブラウジングを行う
アクセスしたサイトやダウンロードしたファイルの記録が Google Chrome で保存されないようにする場合は、ウェブをシークレット モードで閲覧します。

シークレット モードの仕組み
シークレット モードにすると新しいウィンドウが開きます。このウィンドウで閲覧したサイトの情報は Chrome に保存されません。シークレット モードのウィンドウと、他に開いている通常のウィンドウを切り替えることもできます。シークレット モードになるのは、シークレット ウィンドウを使用しているときだけです。

一部の情報は他者が閲覧可能
シークレット モードの機能は、サイトのアクセス履歴が Chrome に保存されないということだけであり、閲覧行動が次に挙げるような他者から確認されるのを防ぐことはできません。

ご利用のインターネット サービス プロバイダ
雇用主(仕事用のパソコンを使用している場合)
アクセス先のウェブサイト

ダウンロード ファイルはパソコンに保存される
シークレット モードでダウンロードしたファイルの記録は Chrome には保存されませんが、ダウンロードしたファイル自体は、シークレット タブを閉じた後もパソコンの [ダウンロード] フォルダに保存されたままになります。そのため、そのパソコンを使用する誰もがダウンロード ファイルを表示したり開いたりできます。

シークレット モードで保存される情報について詳しくは、Chromeのプライバシー ポリシーを。
(参照:Chromeヘルプ

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です