Google独自の人工知能開発か?!

Google(グーグル)の人工知能(artificial intelligence/AI)は独自のアルゴリズムを完成?!

google%e3%83%ad%e3%82%b4

Google(グーグル)は、第3の人工知能(artificial intelligence/AI)から保護するためにGoogle(グーグル)独自の暗号アルゴリズムを発展させた人工知能(artificial intelligence/AI)の開発に成功したようです?!

Google(グーグル)の独自開発した人工知能(artificial intelligence/AI)の生成に注目が集まっています。
人工知能(artificial intelligence/AI)を搭載した、2つのコンピューターに秘密鍵を持たせて共有をさせ、その2つのコンピューターで秘密の会話をさせ、その内容を別の人工知能(artificial intelligence/AI)に会話を解読させるというシステムのようです。

その中心となる2つの人工知能(artificial intelligence/AI)のコンピューターの名前はAlice(アリス)とBob(ボブ)。

そして、Alice(アリス)とBob(ボブ)の秘密の会話を解読するのが、Eve(イブ)と呼ばれている3つニューラル・ネットワークからなっているようです。
Alice(アリス)はBob(ボブ)に安全なメッセージを送らなければならず、Bob(ボブ)は、メッセージを解読するようにしなければなりませんでした。そして、Eve(イブ)はメッセージを盗み聞きするようにしなければならなく、それを解読させなければいけなかった。
Alice(アリス)とBob(ボブ)には、Eve(イブ)に勝る1つのメリットを発見し、それは、シンプルに共有秘密鍵(いわば暗号化されたもの)の存在でした。

人工知能(artificial intelligence/AI)をどのようにものを暗号化するのかがとても難しい課題で、また、どんな秘密の技術を使用するべきかが難関でした。

Eve(イブ)の場合は、非常にシンプルな仕組みで、Alice(アリス)の元の入力元の文とその推測の間の距離(正しくて誤ったビットで測られる)で、Alice(アリス)とBob(ボブ)にとっての、損失機能は、もう少し複雑で、Bob(ボブ)の推測が、元の入力元の文からあまりにかけはなれていないことが重要でした。
Alice(アリス)にとって、Eve(イブ)の推測がそれはそれで失敗ですが、このように、当事者対抗の発生するネットワーク(GAN)を作成したようです。

わたしたちは、プルグラム開発もしておりますが、本業は不動産業ですので、正直複雑すぎて難解です。

シンプルに、この人工知能(artificial intelligence/AI)の開発研究を進めていく中で、Alice(アリス)とBob(ボブ)が共有鍵を使ってきちんとにコミュニケーションができたようです。一方で、Eve(イブ)は、Alice(アリス)とBob(ボブ)がシステムを解読するためには、かなりの失敗を重ねていった結果、Alice(アリス)とBob(ボブ)は、暗号化された情報をうまく共有できるようになり、そしてその技術が、人間が作り出した暗号化手法には一般的にはない、計算から導き出されていたようです。

ちょっとわたしたちノンプログラマーではさすがに難解すぎますlol
ちなみにこちらがその論文の内容は、こちらです

しかし、このGoogle(グーグル)の人工知能(artificial intelligence/AI)がディープラーニング(Deeplearning)して、さらに発展すれば、あらゆるテクノロジーやサービスの向上のきっかけとなります。

ただし、何度も記事で書いているように、日本語の難しさをこのGoogle(グーグル)の人工知能(artificial intelligence/AI)がすぐに解読できるとは、個人的には思えないというところが正直な意見です。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す